中学歴史

中学歴史
5分でわかる!ローマ教皇とカトリック

109
Movie size

5分でわかる!ローマ教皇とカトリック

109
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の要点まとめ

ポイント

中世のヨーロッパ ローマ教皇を中心にしたカトリックが力を持つ

中学歴史24 ポイント1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

中世の世界1のポイント1は、「カトリック教会の成長」です。
「中世」というのは、ヨーロッパの歴史を勉強するときに出てくる言葉です。
およそ5世紀から15世紀までのヨーロッパを指します。

キリスト教の種類 中世ヨーロッパで力を持っていたのは「カトリック」

lecturer_avatar

現在でも、ヨーロッパでは キリスト教 が広く信仰されています。
キリスト教には、 カトリックプロテスタント正教会 などの種類があります。
その中でも、中世のヨーロッパでは 「カトリック」 が力を持っていました。

lecturer_avatar

こちらを見てください。

中学歴史24 ポイント1 答え全部

バチカン市国の「サンピエトロ大聖堂」

lecturer_avatar

左の写真は、 カトリック教会の総本山 である サンピエトロ大聖堂 です。
世界一小さな国、 バチカン市国 に位置しています。

lecturer_avatar

カトリック教会のトップには、 ローマ教皇(法王) が君臨しています。
中世ヨーロッパでは、 ローマ教皇を中心に、カトリックが力を持っていた ことを覚えておきましょう。

Matsumoto

この授業の先生

松本 亘正 先生

歴史や地理を暗記科目ととらえず、感動と発見がふんだんに盛り込まれたストーリーで展開して魅了。 ときにクスリと笑わせる軽妙な語り口にも定評があり、「勉強ってこんなに楽しかったの!?」と心動かされる子供たちが多数。

春キャンペーン2019
ローマ教皇とカトリック
109
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019