中学歴史

中学歴史
5分で解ける!後醍醐天皇の「建武の新政」に関する問題

71

5分で解ける!後醍醐天皇の「建武の新政」に関する問題

71
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学歴史19 練習1 カッコ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業

後醍醐天皇の「建武の新政」

lecturer_avatar

鎌倉幕府が倒された後、天皇中心の新しい政治が始まりました。
これを 建武の新政 といいましたね。 後醍醐天皇 が行った政治でした。

lecturer_avatar

建武の新政では、公家や寺社ばかりが優遇され、鎌倉幕府を倒したほうびも公家に多く与えられました。
武士たちは不満を強めていき、ついにある人物が武家政治の復活を目指して挙兵します。
それが 足利尊氏 でしたね。

答え
中学歴史19 練習1 答え入り
難関大合格パーソナルプログラム
後醍醐天皇の「建武の新政」
71
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

室町時代

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      中学歴史