高校日本史B

高校日本史B
5分でわかる!芸能(狂言)

2

5分でわかる!芸能(狂言)

2
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の要点まとめ

ポイント

狂言・同朋衆

中世の文化25 単語2 芸能(狂言)中世の文化25 ポイント2 芸能(狂言)

これでわかる!
ポイントの解説授業

能の合間劇から発展した狂言と、将軍の近くに仕えた同朋衆

中世の文化25 ポイント2 芸能(狂言)アイコンなし

lecturer_avatar

狂言 (きょうげん)は、能の合間に行われた、能楽の喜劇です。
能の合間に行われていたものが、いつしか独立して興行されるようになっていった、ということです。
現在では、能と狂言は分けて演じられていますね。

lecturer_avatar

もう一つ、 同朋衆 (どうぼうしゅう)というものを覚えておきましょう。
芸能や雑役などに従事する ことで、本来は身分違いの将軍や大名の側近に仕えた人々のことです。
一遍が始めた時宗の僧が多く従事し、「阿弥」という号を名乗っていました。

lecturer_avatar

例えば、 観阿弥・世阿弥 もこの 同朋衆 の一員です。
他には、日明貿易で出てくる祖阿(そあ)という人物や、足利義政に仕え慈照寺銀閣の庭を造った庭師の善阿弥(ぜんあみ)などの人物がいます。

この授業の先生

黒川 広貴 先生

「どこがテストに出るの?」「どうやって覚えたらいいの?」「どうしたら点数がとれるの?」という疑問に答え、着実に点数を伸ばすための授業を展開。

オンライン個別指導塾
芸能(狂言)
2
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾