高校化学

高校化学
5分でわかる!ハロゲン化銀

15
Movie size

5分でわかる!ハロゲン化銀

15

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

ハロゲン化銀

高校化学 無機物質43 ポイント2 答えあり

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「ハロゲン化銀」です。

lecturer_avatar

前回は銀の単体について、性質を見てきました。
次に、銀の化合物に注目しましょう。

AgFは溶ける、AgClは白色沈殿、AgBrは淡黄色沈殿、AgIは黄色沈殿

lecturer_avatar

銀の化合物の中で、特に重要なのは、ハロゲン化銀です。
とはいっても、みなさんはすでにハロゲン化銀を知っています。
ハロゲンの化合物のところで登場しましたね。
表にまとめると、次のようになります。

高校化学 無機物質43 ポイント2 表のみ 答えあり

lecturer_avatar

ハロゲン化銀については、沈殿の色に注意でした。
上から順番に見ていきましょう。

lecturer_avatar

銀とフッ化物イオンが結合すると、フッ化銀AgFが生じます。
AgFは、沈殿せず、溶けてしまいます。

lecturer_avatar

銀と塩化物イオンが結合すると、塩化銀AgClが生じます。
AgClは、白色沈殿になります。

lecturer_avatar

銀と臭化物イオンが結合すると、臭化銀AgBrが生じます。
AgBrは、淡黄色沈殿になります。

lecturer_avatar

銀とヨウ化物イオンが結合すると、ヨウ化銀AgIが生じます。
AgIは、黄色沈殿になります。

ハロゲン化銀は感光性をもつ

lecturer_avatar

ハロゲン化銀については、もう一つ重要なポイントがあります。
ハロゲン化銀には、光が当たると分解するという性質があるのです。
この性質を感光性といいます。

lecturer_avatar

反応式で表すと、次のようになります。
 2AgX→2Ag+X2
「X」のところには、「F」や「Cl」が入るわけですね。

高校化学 無機物質43 ポイント2 答えあり

Igarashi

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

ハロゲン化銀
15
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      無機物質

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          遷移元素の単体と化合物

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校化学