高校化学

高校化学
5分でわかる!ハロゲン化銀

34

5分でわかる!ハロゲン化銀

34
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の要点まとめ

ポイント

ハロゲン化銀

高校化学 無機物質43 ポイント2 答えあり

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「ハロゲン化銀」です。

lecturer_avatar

前回は銀の単体について、性質を見てきました。
次に、銀の化合物に注目しましょう。

AgFは溶ける、AgClは白色沈殿、AgBrは淡黄色沈殿、AgIは黄色沈殿

lecturer_avatar

銀の化合物の中で、特に重要なのは、ハロゲン化銀です。
とはいっても、みなさんはすでにハロゲン化銀を知っています。
ハロゲンの化合物のところで登場しましたね。
表にまとめると、次のようになります。

高校化学 無機物質43 ポイント2 表のみ 答えあり

lecturer_avatar

ハロゲン化銀については、沈殿の色に注意でした。
上から順番に見ていきましょう。

lecturer_avatar

銀とフッ化物イオンが結合すると、フッ化銀AgFが生じます。
AgFは、沈殿せず、溶けてしまいます。

lecturer_avatar

銀と塩化物イオンが結合すると、塩化銀AgClが生じます。
AgClは、白色沈殿になります。

lecturer_avatar

銀と臭化物イオンが結合すると、臭化銀AgBrが生じます。
AgBrは、淡黄色沈殿になります。

lecturer_avatar

銀とヨウ化物イオンが結合すると、ヨウ化銀AgIが生じます。
AgIは、黄色沈殿になります。

ハロゲン化銀は感光性をもつ

lecturer_avatar

ハロゲン化銀については、もう一つ重要なポイントがあります。
ハロゲン化銀には、光が当たると分解するという性質があるのです。
この性質を感光性といいます。

lecturer_avatar

反応式で表すと、次のようになります。
 2AgX→2Ag+X2
「X」のところには、「F」や「Cl」が入るわけですね。

高校化学 無機物質43 ポイント2 答えあり

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

オンラインLIVE夏期講習
ハロゲン化銀
34
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習