高校化学

高校化学
5分で解ける!塩の加水分解に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!塩の加水分解に関する問題

2
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校化学 化学反応の速さと平衡20 練習 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

では、練習問題をやっていきましょう。

弱酸+強塩基の塩は、水溶液が塩基性

高校化学 化学反応の速さと平衡20 練習 答えなし

lecturer_avatar

(1)は、酢酸カリウムの水溶液の液性を答えます。
電離の反応式は、次のようになります。
  CH3COOK→CH3COO-+K+

lecturer_avatar

ここで、酢酸イオンは酢酸に戻ろうとします。
そのため、水の電離によって生じた H+ と反応します。
すると、次のような反応が起こります。
  CH3COO-+H+→CH3COOH

lecturer_avatar

この反応によって、水溶液中には、 OH- が残ります。
すると、水溶液が 塩基性 になります。

弱酸+強塩基の塩は、水溶液が塩基性

lecturer_avatar

(2)は、硝酸アンモニウムの水溶液の液性を考えます。
電離の反応式は、次のようになります。
  NH4NO3→NH4++NO3-

lecturer_avatar

アンモニウムイオンは、もとが弱塩基なので、アンモニアに戻ろうとします。

lecturer_avatar

  NH4++OH-→NH3+H2O

lecturer_avatar

これにより、水溶液中には、 H+ がたくさん存在します。
そのため、水溶液が 酸性 になります。

高校化学 化学反応の速さと平衡20 練習 答えあり
春キャンペーン2019
塩の加水分解
2
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

この授業のポイント・問題を確認しよう

化学反応の速さと平衡

Logo black
Register description

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      水溶液中の化学平衡

      春キャンペーン2019春キャンペーン2019

      高校化学