高校化学

高校化学
5分で解ける!溶解平衡と沈殿生成に関する問題

4
Movie size

5分で解ける!溶解平衡と沈殿生成に関する問題

4

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校化学 化学反応の速さと平衡24 練習 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題を解いていきましょう。

lecturer_avatar

こちらは溶解平衡に関する計算問題です。
塩化ナトリウム水溶液と硝酸銀水溶液を反応させて、 沈殿が生じるかどうか を問われています。
順番に考えていきましょう。

高校化学 化学反応の速さと平衡24 練習 答えなし

沈殿が生じるかどうかを答える問題では、各イオンの濃度の積と溶解度積に注目

lecturer_avatar

沈殿が生じるかどうかを考えるためには、何を求めればよいかわかりますか?
そのためには、 イオンの濃度 が重要でした。
まずは、各イオンの濃度を求めていきましょう。

lecturer_avatar

この実験では、塩化ナトリウム水溶液と硝酸銀水溶液を1.0mLずつ混ぜています。
溶液全体2.0mL として、モル濃度を計算しましょう。

lecturer_avatar

まずは、 Cl-の濃度 です。
Cl-の物質量は、次のようになります。
 4.0×10-7×1/1000=4.0×10-10
これだけのCl-が2.0mLに含まれるので、モル濃度は次のようになります。
 4.0×10-10/0.002= 2.0×10-7mol/L
同様に、 Ag+の濃度2.0×10-2mol/L となります。

lecturer_avatar

次に、[Ag+][Cl-]を計算してみましょう。
 [Ag+][Cl-]=4.0×10-9

[Ag+][Cl-]>Kspならば、沈殿が生じる

lecturer_avatar

ここまできても、まだ終わりではありません。
最後に、 溶解度積と比べる ことによって、沈殿が生じるかどうかがわかるのでした。
 [Ag+][Cl-]=4.0×10-9=40×10-10
 Ksp=1.8×10-10

lecturer_avatar

2つを比較すると、
 [Ag+][Cl-]>Ksp

lecturer_avatar

つまり、 イオン濃度の積が溶解度積よりも大きい ため、 沈殿が生成する ことになります。

高校化学 化学反応の速さと平衡24 練習 答えあり
溶解平衡と沈殿生成
4
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      化学反応の速さと平衡

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          水溶液中の化学平衡

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校化学