高校化学

高校化学
5分で解ける!弱塩基のpHの計算に関する問題

4

5分で解ける!弱塩基のpHの計算に関する問題

4
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校化学 化学反応の速さと平衡18 練習 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題を解いていきましょう。

[OH-]⇒[H+]⇒pHの順に計算する

lecturer_avatar

アンモニア水溶液のpHを求める問題ですね。
この問題では、モル濃度と電離度がわかっています。
[OH-]⇒[H+]⇒pH の順に計算していきましょう。

[OH-]=Cα

lecturer_avatar

まずは、 [OH-] です。
 [OH-]=0.46×0.01
  = 4.6×10-3

[H+][OH-]=1.0×10-14

lecturer_avatar

次に、水のイオン積を利用して、 [H+] を求めます。
 [H+]×4.6×10-3=1.0×10-14
 [H+]=4.6-1×10-11
   =2.0-1×2.3-1×10-11

pH=-log10[H+]

lecturer_avatar

最後に、 pH を求めます。
 pH=-log10(2.0-1×2.3-1×10-11)
  =-(log102.0-1+log102.3-1+log1010-11)
  =-(-log102.0-log102.3-11)
  =-(-0.30-0.36-11)
  =11.66
  ≒ 11.7

lecturer_avatar

よって、答えは、 11.7 となります。

高校化学 化学反応の速さと平衡18 練習 答えあり
オンラインLIVE夏期講習
弱塩基のpHの計算
4
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

化学反応の速さと平衡

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      水溶液中の化学平衡

      オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

      高校化学