高校数学B

高校数学B
5分で解ける!等差数列{a_n}の和(1)に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!等差数列{a_n}の和(1)に関する問題

0
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校数学B 数列5 練習

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

初項、末項、項数をヒントにして、等差数列の和と公差を求める問題ですね。等差数列の和の公式を上手に活用しましょう。

POINT
高校数B 数列5 ポイント

初項から第12項までの和は?

高校数学B 数列5  練習

lecturer_avatar

等差数列の和 を求めるのに必要な材料は、 「項数」「初項」「末項」 でしたね。項数は12、初項はa1=3、末項はa12=35とすべてそろっています。

lecturer_avatar

等差数列の和の公式より、
S12=12/2×(3+35)= 228
となります。

一般項の公式から公差dを求める

lecturer_avatar

次に公差を求めましょう。
公差をdとおくと、
等差数列の一般項
an=a1+(n-1)d
より、
35=3+(12-1)d
dについて解けば答えが出てきますね。

答え
高校数学B 数列5 練習 答え
春キャンペーン2019
等差数列{a_n}の和(1)
0
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

高校数学Bの問題