高校英語構文

高校英語構文
5分で解ける!準動詞の完了形のカタマリに関する問題

2
Movie size

5分で解ける!準動詞の完了形のカタマリに関する問題

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

英語構文 準動詞の眺め方13 練習

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回のポイントは 準動詞の完了形のカタマリ です。to have 過去分詞 や having 過去分詞 のカタマリを意識して、訳に挑戦しよう!

問題(1)

問題(1)英文

lecturer_avatar

まずは語句の意味を確認しよう。be proud of「~を誇りに思っている」、practice the piano「ピアノを練習する」。英文では having practiced the piano と完了形になっているね。

lecturer_avatar

そう、ポイントは of 以下の having practiced のカタマリ。これは動名詞の完了形になっているよね。準動詞の完了形は 過去 の意味になる場合と 継続 の意味になる場合とがあるけど、今回はどっちかな?

lecturer_avatar

答えはズバリ 継続 だ。文末に for 20 years「20年間」という期間を表す表現があるから、having practiced は過去ではなく継続を表す。「 (ずっと)練習してきた 」と訳そう。全体の訳はこちら。

(1)の答え
問題(1)英文書き込みアリ+和訳

問題(2)

問題(2)英文

lecturer_avatar

まずは語句の意味を確認しよう。regretted は動詞 regret「後悔する」の過去形。festival は「祭り」だね。

lecturer_avatar

この英文のポイントは not having gone to のカタマリ。これは動名詞の完了形だよね。意味は 過去 の場合と 継続 の場合とがあるけど、この英文ではどっちの意味かな?

lecturer_avatar

答えは 過去 、より正確には 大過去 の意味を表している。過去形で表されている時点(この場合は「トムは後悔した」)よりも前に完了した、あるいはその時点まで継続していた動作・状態を表すのが大過去だよ。

(2)の答え
問題(2)英文書き込みアリ+和訳

問題(3)

問題(3)英文

lecturer_avatar

主語 I のあとの intended は動詞 intend の過去形。intend to ~ で「~するつもりだ」という意味になるよ。重要な表現だから覚えておこう。

lecturer_avatar

この英文のポイントは to have called のカタマリ。これは不定詞の完了形のカタマリなんだけど、(1)や(2)とはちょっと違った意味・訳になるよ。

lecturer_avatar

実は、目的や希望の動詞の過去形+不定詞の完了形は「 ~するつもりだった、~したかった(が、実際はダメだった) 」という意味・訳になるんだ。全体の訳はこちら。

(3)の答え
問題(3)英文書き込みアリ+和訳
lecturer_avatar

訳の最後の「できなかった」は、書いても書かなくても正解だよ。intended to have 過去分詞 で「~するつもりだった」という訳になること、しっかり覚えておこう。

準動詞の完了形のカタマリ
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。