高校英語構文

高校英語構文
5分で解ける!分詞構文はお決まりのパターンに関する問題

3
Movie size

5分で解ける!分詞構文はお決まりのパターンに関する問題

3

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう
分詞構文はお決まりのパターン

英語構文 準動詞の眺め方11 TK'sポイント

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

高校英語構文 第4章「準動詞の眺め方」第11回。
今回は 分詞構文 について学習するよ。
さっそく例文、いってみよう!

例題の英文のみ、書き込みナシ・和訳ナシ

lecturer_avatar

文頭の Seen は see「見る」の過去分詞形だね。Seen from a distance は分詞構文になっているよ。

lecturer_avatar

直訳すると「遠くから見られると」となるけど、「見られる」と受身にせずに「遠くから見ると」と訳すのがポイント。この方が自然な日本語だよね。

lecturer_avatar

あとは残りの Mt. Fuji looks more beautiful を訳すだけ。「富士山はもっと美しく見える」でOKだ。簡単だね。

lecturer_avatar

Seen from a distance のように、分詞構文にはいくつかお決まりのパターンがあるんだ。ここで今回のTK'sポイント!

TK'sポイント

lecturer_avatar

1つ目のパターンは文頭の過去分詞。例文で登場した Seen from a distance などが当てはまるよ。過去分詞で始まっているけど「遠くから見られると」ではなく「遠くから見ると」と訳そう。

lecturer_avatar

2つ目のパターンは慣用句。According to ~「~によると」、Frankly speaking「率直に言うと」などが当てはまるよ。

lecturer_avatar

3つ目のパターンはカンマ(,)付きで挿入や後置。この後で解説する練習問題(2)のようなパターンが該当するよ。以上を踏まえて、もう1度例文に戻ろう。

例題、書き込みアリ・和訳ナシ

lecturer_avatar

もう1度言うけど、冒頭の Seen from a distance は分詞構文になっている。直訳すると「遠くから見られると」となるけど、「見られる」と受身にせずに「遠くから見ると」と訳そう。全体の訳はこちら。

例題・書き込みアリ・和訳アリ

lecturer_avatar

今回のポイントは分詞構文のお決まりのパターン。分詞構文はテストに頻出だから、代表的なパターンはしっかりおさえておこう。

分詞構文はお決まりのパターン
3
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。