中学歴史
中学歴史
5分で解ける!三都の発達と蔵屋敷・寺子屋に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!三都の発達と蔵屋敷・寺子屋に関する問題

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学歴史34 練習3 カッコ空欄

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

練習3は、「三都」に関する問題です。
江戸・大阪・京都 の3つが「三都」という重要な都市でしたね。

lecturer_avatar

江戸は政治の中心として「〇〇のおひざもと」と呼ばれていましたね。〇〇には何が入るでしょう?
江戸には幕府があり、将軍がいたのですね。〇〇に入るのは 将軍 です。

lecturer_avatar

経済の中心である大阪は、何と呼ばれていましたか?
全国各地の産物が集められていたことから、 「天下の台所」 でしたよね。
大阪に多く設置された、大名が特産物や年貢米を売り買いするために利用した倉庫の名前が 蔵屋敷 でした。

lecturer_avatar

工芸の町として栄え、天皇の御所もある京都は、文化の中心地でした。

中学歴史34 練習3 全て表示、蔵屋敷まで答え入り

lecturer_avatar

町人の子どもたちが、読み・書き・そろばんを習っていた教育施設の名前はなんでしたか?
答えは 寺子屋 ですね。
全国に1万以上の寺子屋があったとされていますが、そのほとんどは都市部に集中していました。

答え
中学歴史34 練習3 答え入り
lecturer_avatar

今回は、交通や都市の発達について学習してきました。
五街道や東廻り・西廻り航路は、地図でルートを確認しながら覚えてあげましょう。

三都の発達と蔵屋敷・寺子屋
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。