中学歴史

中学歴史
5分で解ける!江戸幕府のしくみに関する問題

22
Movie size

5分で解ける!江戸幕府のしくみに関する問題

22

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学歴史29 練習2 カッコ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業

江戸幕府が鎌倉・室町幕府のしくみを参考にしたことをおさえておこう

lecturer_avatar

練習2は、江戸幕府のしくみについての問題です。
江戸幕府のしくみが完成するのは、3代将軍の時代になってからでした。
家康の孫にあたる、 徳川家光 でしたね。

lecturer_avatar

江戸幕府で大きな権力を持っていたのは、 老中 でしたね。
幕府の政治全般をつかさどる、非常に重要な役職です。
老中の上に大老という役職もありますが、これは臨時の役職だという話をしましたね。

答え
中学歴史29 練習2 答え入り
lecturer_avatar

鎌倉・室町幕府を参考にしたことがわかるのが、 京都所司代や大阪城代 という役職でした。
朝廷や西国の監視 という役割は、 鎌倉幕府の六波羅探題や室町幕府の鎌倉府と同じ ですね。

江戸幕府のしくみ
22
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。