中学歴史
中学歴史
5分でわかる!親藩、譜代大名、外様大名

25
Movie size

5分でわかる!親藩、譜代大名、外様大名

25

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

親藩、譜代大名、外様大名 ~信頼できる大名を重要な土地に配置~

中学歴史29 ポイント3 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

江戸時代1のポイント3は、「江戸時代の大名」です。

lecturer_avatar

そもそも江戸時代の「大名」とは、**「1万石以上の領地を与えられた、将軍直属の武家」**のことです。
1万石というのはお米の単位で、数字が多いほど広い土地を支配していることになります。

lecturer_avatar

江戸時代の大名は、幕府によって3つの種類に分けられていました。
それぞれ順番に見ていきましょう。

中学歴史29 ポイント3 答え全部

親藩、譜代大名、外様大名

lecturer_avatar

まずは親藩です。
徳川家の親族にあたる武家は、親藩に分類されました。

lecturer_avatar

2つ目が譜代(ふだい)大名です。
関ヶ原の戦いの前から、徳川家に従っていた大名です。

lecturer_avatar

最後が外様(とざま)大名です。
こちらは、関ヶ原の戦いの後に徳川家に従った大名です。
つまり、関ヶ原の戦いの際は、西軍として徳川の東軍と戦った武家にあたります。

中学歴史29 ポイント3 答え全部

信頼できる大名を、重要な土地に配置

lecturer_avatar

この3種類の大名は、徳川家からすると信頼の度合いが違いますよね。
親藩は徳川家の親族なので、信頼度が高くなります。
一方、外様大名はかつての敵ですので、親藩や譜代大名よりは信用できません。

lecturer_avatar

そこで幕府は、より信頼度の高い親藩や譜代大名に、交通の要所や江戸に近い土地を与えました。
逆に外様大名には、あまり重要ではない土地や、江戸から遠い土地を与えたのです。
例えば、関ヶ原の戦いで西軍の総大将だった毛利家は、広島から山口の萩という場所に移動させられています。

中学歴史29 ポイント3 答え全部

lecturer_avatar

信頼度によって全国の大名に差をつけ、統治していたことをおさえておきましょう。

Matsumoto
この授業の先生

松本 亘正 先生

歴史や地理を暗記科目ととらえず、感動と発見がふんだんに盛り込まれたストーリーで展開して魅了。 ときにクスリと笑わせる軽妙な語り口にも定評があり、「勉強ってこんなに楽しかったの!?」と心動かされる子供たちが多数。

親藩、譜代大名、外様大名
25
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。