中学歴史

中学歴史
5分で解ける!南蛮貿易の特色に関する問題

5
Movie size

5分で解ける!南蛮貿易の特色に関する問題

5

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学歴史26 練習2 カッコ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業

南蛮貿易 貿易相手国はどこ?

中学歴史26 練習2 最初の2行のみ表示、カッコ空欄

lecturer_avatar

室町時代の後半に、ヨーロッパと行った貿易をなんといいましたか?
答えは 南蛮貿易 ですね。

lecturer_avatar

南蛮貿易の相手国はどこでしたか?
答えは、 ポルトガルスペイン でしたね。
種子島に鉄砲を伝えたのはポルトガル人で、キリスト教を伝えたザビエルはスペイン人でした。

lecturer_avatar

南蛮貿易における貿易拠点となったのは、現在の福岡と大阪にある港です。
答えは、福岡の 博多 と大阪の でしたね。
日明貿易の時と同じです。

答え
中学歴史26 練習2 最初の2行のみ表示、答え入り

南蛮貿易の輸出入品は?

中学歴史26 練習2 最後の2行のみ表示、カッコ空欄

lecturer_avatar

南蛮貿易で日本が輸入したのは、 鉄砲・火薬・生糸 などでした。

lecturer_avatar

反対に日本が輸出したものはなんでしたか?答えは です。
鉄砲や火薬を買う時、日本は銀で支払っていたのですね。
銀は 石見銀山 などで多く産出されたことも覚えておきましょう。

答え
中学歴史26 練習2 最後の2行のみ表示、答え入り
南蛮貿易の特色
5
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      室町時代

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中学歴史