高校数学Ⅲ

高校数学Ⅲ
5分で解ける!複素数表示の円の方程式(1)に関する問題

1

5分で解ける!複素数表示の円の方程式(1)に関する問題

1
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう

高校数Ⅲ 複素数平面23 問題2

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

複素数zが描く円の軌跡を描く問題です。複素数表示での円の方程式は |(動点)-(中心)|=(半径) となるのがポイントですね。

POINT
高校数Ⅲ 複素数平面23 ポイント

中心と半径を式から見極めよう

高校数Ⅲ 複素数平面23 問題2

lecturer_avatar

|z-(1+i)|=√2より,中心(1+i),半径√2の円だとわかります。複素数平面上の点(1+i)は,xy平面上の点(1,1)と対応しますね。また,原点と点(1+i)との距離は√2となるので,求める円は原点を通りますね。

答え
高校数Ⅲ 複素数平面23 問題2の答え
難関大合格パーソナルプログラム
複素数表示の円の方程式(1)
1
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

複素数平面

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      複素数と図形

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      高校数学Ⅲ