高校数学Ⅲ

高校数学Ⅲ
5分でわかる!複素数表示の円の方程式(1)

18

5分でわかる!複素数表示の円の方程式(1)

18
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の要点まとめ

ポイント

複素数表示の円の方程式(1)

高校数Ⅲ 複素数平面23 ポイント

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回は複素数平面上での円の方程式を学習していきましょう。

中心α,半径rの円の方程式は?

lecturer_avatar

具体的に,点αを中心とする半径rの円Cについて考えていきます。

高校数Ⅲ 複素数平面23 ポイント 右下の図

lecturer_avatar

円C上の点をzとするとき,円Cの方程式,つまり点zを表す式はどのようになるでしょうか?

lecturer_avatar

注目してほしいのは,点zは,中心αからの距離がいつでも半径rに等しいという点です。2点α,z間の距離は|z-α|で表されるので,
|z-α|=r
となりますね。これが
円Cの方程式
となるのです。

POINT
高校数Ⅲ 複素数平面23 ポイント
lecturer_avatar

zは円周上を動く点で,αは中心ですね。 |(動点)-(中心)|=(半径) と覚えておきましょう。

この授業の先生

浅見 尚 先生

センター試験数学から難関大理系数学まで幅広い著書もあり、現在は私立高等学校でも 受験数学を指導しており、大学受験数学のスペシャリストです。

オンライン個別指導塾
複素数表示の円の方程式(1)
18
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾