高校英語文法
高校英語文法
5分で解ける!「There is 人/モノ+分詞」の表現に関する問題

5
Movie size

5分で解ける!「There is 人/モノ+分詞」の表現に関する問題

5

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

分詞4の練習(1)(2) アイコンあり

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

この問題を解くポイントは、 「There is 人/モノ+分詞」の表現しっかりと押さえること です。

lecturer_avatar

There+be動詞+人/モノ+分詞 」という形で、
「人/モノがいる・ある」 こと、さらに、
「その人/モノがどのような状態でいる・あるのか」 を表せるよ。

「There構文+分詞」の表現を訳そう!

分詞3・4のポイント アイコンなし

lecturer_avatar

では、さっそく問題を見ていこう。

分詞4の練習(1) アイコンなし

lecturer_avatar

英文を日本語に訳す問題だね。

lecturer_avatar

まず(1)を見てみよう。
a lot of peopleは「たくさんの人々」という意味だね。
waitingは動詞waitの 現在分詞 だよ。

lecturer_avatar

文全体を見ると、「 There+be動詞+人/モノ+分詞 」の形になっているとわかるね。
There wereは <予告>
a lot of peopleが <メイン情報> になっているよ。

lecturer_avatar

その後ろ、waiting for their turnsは、 現在分詞 のカタマリ。
カタマリ全体で、 <人々の状態>後ろから足している んだ。

lecturer_avatar

a lot of people waiting for their turnsは、
turnが「順番」、wait for turnsで「順番を待っている」という意味だから、
「順番を待っているたくさんの人」となるね。

lecturer_avatar

なので、文全体では、(A)「自分の順番を待っているたくさんの人々がいた」と訳せるよ。
もう少し自然にすると、(B)「たくさんの人々が自分の順番を待っていた」と訳せるね。

lecturer_avatar

There+be動詞+人/モノ+分詞 」の表現は、
2つのパターンで訳すことができるよ。
人/モノ+分詞 の部分を、
(A) 後ろから前に 訳すパターン、
(B) 前から後ろに 訳すパターン、
だね。日本語としては(B)の方が自然だけど、どちらも正解。

(1)の答え
分詞4の練習(1)答え入り アイコンなし
lecturer_avatar

次に(2)を見ていこう。

分詞4の練習(2) アイコンなし

lecturer_avatar

(2)も、「 There+be動詞+人/モノ+分詞 」の形になっているね。

lecturer_avatar

There構文 のThere wasは <予告> の働き、
その後ろのsome wineが <メイン情報> だよ。

lecturer_avatar

left on the tableは、「~された」という意味を表す 過去分詞
「テーブルの上に残されていた」という意味だね。
後ろからsome wineにかかって、 カタマリで意味を足す 働きをしているよ。

lecturer_avatar

訳は2つのパターンでできるよ。 人/モノ+分詞 の部分を、
後ろから前に 訳すと、(A)「テーブルの上に残っていたいくらかのワインがあった」。
前から後ろに 訳すと、(B)「いくらかのワインがテーブルの上に残っていた」。
(A)と(B)、どちらでも正解。

(2)の答え
分詞4の練習(2)答え入り アイコンなし
「There is 人/モノ+分詞」の表現
5
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。