高校英語文法
高校英語文法
5分で解ける!「remain 分詞」「sit 分詞」などの表現に関する問題

5
Movie size

5分で解ける!「remain 分詞」「sit 分詞」などの表現に関する問題

5

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

分詞6の練習(1)(2) アイコンあり

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

この問題を解くポイントは、 「remain 分詞」「sit 分詞」などの表現をしっかりと押さえること です。

lecturer_avatar

この使い方では、分詞は、名詞の後ろからカタマリで意味をたす役割ではなく、動詞の後ろで補語の役割をはたすんだ。
remain 分詞は「分詞のままだ」、sit 分詞は「分詞(の状態)で座っている」 という意味だよ。
「横になっている」「立っている」などを表すパターンもあって、細かいニュアンスを表現することができるんだ。

後ろは現在分詞?過去分詞?動詞をbe動詞に置き換えて考えてみよう!

分詞5・6のポイント アイコンなし

lecturer_avatar

では、さっそく問題を見ていこう。

分詞6の練習(1) アイコンなし

lecturer_avatar

This problemは「この問題」という意味だね。
選択肢を見ると、unsolvingと、unsolvedがあるね。
remain 分詞分詞のままだ 」の表現を使いそうだよ。

lecturer_avatar

どちらを選んだらよいかな。
remain 分詞分詞のままだ 」の表現は、remainをbe動詞に置きかえても文として成り立つよ。
わかりやすくするために、いったんbe動詞に置き換えて考えてみよう

lecturer_avatar

すると、カッコの前は、This problem isとなるね。
それぞれの選択肢をそれぞれ入れてみると、
This problem is unsolving.と、This problem is unsolved.になるね。
問題は「解決 される 」ものだから、 受身 のニュアンスを出したいね。

lecturer_avatar

だから、unsolvedを入れよう。
This problem remains unsolved.で「この問題は未解決だ」だね。
動詞をbe動詞からremainに戻すと、文全体では、This problem remains unsolved.「この問題は未解決の ままだ 」という意味になるよ。
unsolvedで「未解決の」と覚えてしまっても良いね。

(1)の答え
分詞6の練習(1)答え入り アイコンなし
lecturer_avatar

次に(2)を見てみよう。

分詞6の練習(2) アイコンなし

lecturer_avatar

at the entranceは「入り口で」、stoodはstandの過去形で「立っていた」という意味だね。

lecturer_avatar

これも、同じように stoodを、be動詞の過去形で置き換えて考えてみよう
選択肢をそれぞれ入れてみると、文の後半は、
he was waiting for his son.「彼は息子を待っていた」とするとよいとわかるね。
だから、ここではwaitingを選ぶよ。

lecturer_avatar

動詞をstoodに戻すと、文全体ではこうなるよ。
At the entrance, he stood waiting for his son.「入り口のところで、彼は 立って 息子を待っていた」という意味だね。

lecturer_avatar

stand 分詞 で、「 分詞(の状態で)立っている 」という表現だよ。

(2)の答え
分詞6の練習(2)答え入り アイコンなし
「remain 分詞」「sit 分詞」などの表現
5
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。