高校英語文法
高校英語文法
5分でわかる!「分詞」とは?

22
Movie size

5分でわかる!「分詞」とは?

22

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

「分詞」とは?

分詞1・2のポイント アイコンあり

これでわかる!

ポイントの解説授業

分詞はカタマリで意味を足す!

lecturer_avatar

今回のテーマは 「『分詞』とは?」 です。
これから 分詞 について学んでいこう。

lecturer_avatar

まずは次の例題を見てみましょう。

分詞1の例題(1)(2) アイコンあり

lecturer_avatar

下線の前には、
(1)I don't know the boy「私はその少年を知らない」、
(2)Look at the girl「その少女を見て」とあるね。

lecturer_avatar

日本文と比べると、(1)は「プールで泳いでいる」、
(2)は「ドアのそばに立っている」という
カタマリをそれぞれ下線に補うとわかるね。

lecturer_avatar

この部分はどうやって表現したら良いのかな?
実は、今回から見ていく「 分詞 」を使って表せるんだ。

lecturer_avatar

それでは今回のポイントを見てみよう。

分詞1・2のポイント アイコンなし

lecturer_avatar

分詞 は、「 カタマリで意味を足す 」働きをするんだ。
分詞 の形や意味を整理しよう。

lecturer_avatar

まず、 分詞は2種類ある ことを押さえよう。
1つ目は「 現在分詞 」。形は、 doing のように、 動詞の後ろにingをつけた形 だよ。
2つ目は「 過去分詞 」。形は、 動詞の後ろにedをつけた形 をとることが多いよ。動詞によっては done のように、 不規則変化 という特別な形になることもあるんだ。

lecturer_avatar

次に、分詞の 意味 について。
現在分詞 は主に「 ~している 」という、 現在進行形 のような意味を表すよ。
過去分詞 は「 ~された 」という 受身 のような意味を表すんだ。

lecturer_avatar

分詞は、「 カタマリで意味を足す 」んだったね。
現在分詞 は「今~している」というカタマリを足すんだ。
過去分詞 は「もう~されている」「今~されている」のように、「今」とか「もう少し前」についての受身のニュアンスをカタマリで足すよ。

lecturer_avatar

それじゃあ、問題に戻ってみよう。

現在分詞は「~している」という意味を足す!

分詞1・2の例題(1) アイコンなし

lecturer_avatar

(1)は「プールで泳いでいる」を下線に補う問題だね。

lecturer_avatar

「泳いでいる」というのは、「 今まさに 」泳いでいるということだね。
このように「 今まさに~している 」という 現在進行形 のような意味を足すときは、 現在分詞 を使うよ。

lecturer_avatar

「プールで泳ぐ」は、swim in the poolと表せるね。
これに ing をつけて、swimm ing in the poolというカタマリを、下線に補おう。
ちなみに、swi mm ingはmが2つ重なるから注意。

(1)の答え
分詞1・2の例題(1)答え入り アイコンなし
lecturer_avatar

次に(2)を見ていこう。

分詞1・2の例題(2) アイコンなし

lecturer_avatar

(2)は「ドアのそばに立っている」の部分を下線に補う問題だね。

lecturer_avatar

今まさに 立っている」ということなので、 現在分詞 を使って表そう。
「ドアのそばに立つ」はstand by the doorで表せるね。
ing をつけて、stand ing by the doorを下線に補おう。
これが1つのカタマリだよ。girlにかかって意味を足しているんだ。

(2)の答え
分詞1・2の例題(2)答え入り アイコンなし

過去分詞は「~された」という意味を足す!

lecturer_avatar

続いて(3)を見てみよう。

分詞1の例題(3)(4) アイコンなし

lecturer_avatar

This is the letter「これは手紙だ」なので、残りの「リンダが書いた」を下線に補おう。
the letter「手紙」に意味を足すから、「手紙」に焦点をあてて考えてみよう。
すると、「リンダが書いた」は、「 リンダによって書かれた 」という 受身 のようなニュアンスになるよね。
~された 」という 受身 のような意味を足したいときは、 過去分詞 を使うよ。

lecturer_avatar

writeは、write-wrote-writtenと変化するよ。writeの過去分詞writtenを使おう。
「リンダによって」はby Lindaと表せるから、下線にはwritten by Lindaが入るね。
written by Lindaで1つのカタマリになっていて、letterに意味を足しているんだ。

(3)の答え
分詞1・2の例題(3)答え入り アイコンなし
lecturer_avatar

続いて(4)を見てみよう。

分詞1の例題(4) アイコンなし

lecturer_avatar

日本文を見ると、下線には「ジャックが壊した」が入るとわかるね。
下線の前のthe window「窓」に意味を足すことになるよ。
この「窓」に注目すると、「ジャックが壊した」は「 ジャックに壊された 」という 受身 のニュアンスになるね。

lecturer_avatar

こんなときは、 過去分詞 を使って、カタマリで意味を足そう。
「壊す」はbreak-broke-brokenだから、broken by Jackを下線に補うよ。
broken by Jackの意味のカタマリがwindowに足されているんだね。

(4)の答え
分詞1・2の例題(4)答え入り アイコンなし
lecturer_avatar

分詞 には、doingのような 現在分詞 と、doneのような 過去分詞 の2種類があるよ。
主に、 現在分詞 は「 ~している 」という 現在進行形 のような、
過去分詞 は「 ~された 」という 受身 のような意味を、カタマリで足すんだ。
後ろからカタマリで、前の名詞を修飾することが多いよ。

Kimura
この授業の先生

木村 智光 先生

テンポの良い解説で、難しい用語を使わずに、高校英語の要諦をわかりやすく指導します。 定期テストに出やすい英文法の問題パターンを研究し、授業ではそのポイントが随所にちりばめられています。

「分詞」とは?
22
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。