高校英語文法

高校英語文法
5分でわかる!「remain 分詞」「sit 分詞」などの表現

31
Movie size

5分でわかる!「remain 分詞」「sit 分詞」などの表現

31

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

「remain 分詞」「sit 分詞」などの表現

分詞5・6のポイント アイコンあり

これでわかる!
ポイントの解説授業

「~のままだ」「~で座っている」の表現!

lecturer_avatar

今回のテーマは 「remain 分詞」「sit 分詞」などの表現 についてです。
大事なのはこれまでと同じで、「 分詞はカタマリで意味を足す 」ということ。
これを基本に、表現の幅を広げていくよ。

lecturer_avatar

まずは次の例題を見てみましょう。

分詞5の例題(1)(2) アイコンあり

lecturer_avatar

まず(1)は、「そこに立つ」はstand thereと表せるね。
「立っていた」ということは、She was standing there.かな?
ちょっと待って。「立った ままだった 」とあるから、
動詞をwasではなくremainedで表しているんだね。

lecturer_avatar

(2)は、「囲む」がsurroundだから、Mr. Green was surrounded by his students.となるのかな?
これもちょっと待って。「囲まれて 座った 」だから、動詞はwasではなくsatを使っているんだ。

lecturer_avatar

wasでも文としては成り立つけれど、(1)「立った ままだった 」、(2)「囲まれて 座った 」というニュアンスを出すために、動詞にremainedやsatが使われているんだね。
その後ろの下線部には、どんな形がくるのかな?

lecturer_avatar

実は、動詞をwasからremainedやsatに変えるだけで、動詞の後ろの形は変わらないんだ。
今回のポイントを確認しておこう。

分詞5・6のポイント アイコンなし

lecturer_avatar

今回見ていくのは、 remain 動詞sit 動詞 などの表現。
be動詞のかわりに、remainやsitなどの動詞を使って、その後ろに分詞の意味を置く場合がある よ。
すると、「~のままでいる」「~の状態で立っている」、「~の状態で座っている」、「~の状態で横になっている」など、細かなニュアンスを表現することができるんだ。

lecturer_avatar

この使い方では、分詞のカタマリが前の名詞にかかるのではなく、動詞の後ろで補語の役割をはたしているんだね。
それじゃあ、問題に戻ってみよう。

分詞5・6の例題(1) アイコンなし

lecturer_avatar

(1)では、be動詞を使って、She was standing there.としても、文としては成り立つよ。
でもそれだと「彼は立っていた」。
今回は、「立った ままだった 」といいたいんだね。

lecturer_avatar

be動詞のかわりにremainを使って、 remain 分詞 で「 分詞のままだ 」という意味を表すことができるよ。
ここでの分詞のカタマリは、名詞に後ろからかけるのでなく、動詞の後ろで補語の役割をはたしているんだ。

lecturer_avatar

順番につなげて、She remained standing there.としよう。

(1)の答え
分詞5・6の例題(1)答え入り アイコンなし
lecturer_avatar

次に(2)を見ていこう。

分詞5・6の例題(2) アイコンなし

lecturer_avatar

be動詞を使って、Mr. Green was surrounded by his students.でも文としては成り立つよ。
ただ、ここでは、「囲まれていた」ではなく、「囲まれて 座った 」といいたいよね。
このニュアンスを表すために、 sit 分詞分詞(の状態)で座っている 」の表現を使おう。

lecturer_avatar

つなげると、Mr. Green sat surrounded by his students.となるね。
このように be動詞 分詞 の形でも良いけれど、もう少し意味を加えたいとき、 remain 分詞 や、 sit 分詞 などの表現ができるよ。

(2)の答え
分詞5・6の例題(2)答え入り アイコンなし
lecturer_avatar

remain 分詞 で「 分詞のままだ 」、
sit 分詞 で「 分詞(の状態)で座っている 」という意味だよ。
もちろん、 be動詞 分詞 の形でも、文は成り立つよ。
でもこの表現を使うと、分詞が示す状態を、より詳しく表現できるんだ。

Kimura

この授業の先生

木村 智光 先生

テンポの良い解説で、難しい用語を使わずに、高校英語の要諦をわかりやすく指導します。 定期テストに出やすい英文法の問題パターンを研究し、授業ではそのポイントが随所にちりばめられています。

「remain 分詞」「sit 分詞」などの表現
31
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。