高校英語文法

高校英語文法
5分で解ける!「remain 分詞」「sit 分詞」などの表現に関する問題

30

5分で解ける!「remain 分詞」「sit 分詞」などの表現に関する問題

30
トライのオンライン個別指導塾トライのオンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

チャレンジ

一緒に解いてみよう

分詞6の入試レベルにチャレンジ アイコンあり

解説

これでわかる!
チャレンジの解説授業

lieとlayの違いは?

lecturer_avatar

入試レベル問題にチャレンジしてみましょう。

分詞6の入試レベルにチャレンジ アイコンなし

lecturer_avatar

on the sofaは「ソファの上で」という表現だね。
まずは、remainedをbe動詞に置き換えて考えてみよう。
今回は過去形だから、wasに置き換えてみるよ。

lecturer_avatar

ここで、選択肢を見てみるよ。
どれも形が似ているけれど注意しよう。
①lieは、「主語が横になる」という動詞、
③layは、「目的語を横にする」という動詞だね。
②lyingは、lieの現在分詞、
④laidは、layの過去形だよ。

lecturer_avatar

この文では、主語がジャックだから、
「ソファの上にジャックが何かを横にする」のではなく、
「ソファの上にジャックが横になる」、だと考えられるよね。
だから、①lieか②lyingを選ぼう。

lecturer_avatar

カッコの前には動詞、今はremainedを置き換えたwasがあるよ。
①だと、動詞が2つ連続してしまうからダメだね。
だから現在分詞②lyingを置こう。
Jack was lying on the sofa.「ジャックはソファの上で横になっていた」だね。

lecturer_avatar

動詞を、be動詞からremainedに戻すと、
Jack remained lying on the sofa.「ジャックはソファの上で横になっている ままだった 」となるね。

lecturer_avatar

とてもよく出る形の文だから、このまましっかり覚えてしまおう。

答え
分詞6の入試レベルにチャレンジ アイコンなし
lecturer_avatar

remainやsitやstandなどの後ろに、分詞がくるパターンを見てきたよ。
be動詞でも文は成り立つけれど、この表現を使うと、 分詞が示す状態を、より詳しく説明することができる んだ。
どの動詞の後ろに分詞を置くと、どのような意味になるのか、出てきた表現を押さえておこう。

トライのオンライン個別指導塾
「remain 分詞」「sit 分詞」などの表現
30
友達にシェアしよう!
トライのオンライン個別指導塾