高校英語文法

高校英語文法
5分で解ける!うしろに置く分詞構文に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!うしろに置く分詞構文に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

チャレンジ

一緒に解いてみよう

分詞14の入試レベルにチャレンジ

解説

これでわかる!
チャレンジの解説授業

現在分詞?過去分詞?つながりを考えて、分詞の形を選ぼう!

lecturer_avatar

入試レベル問題にチャレンジしてみましょう。

分詞14の入試レベルにチャレンジ

lecturer_avatar

カッコの中にあてはまる語を選ぶ問題だね。
killで「~を殺す」、himselfは「彼自身を」という意味だよ。

lecturer_avatar

まず、カンマで囲まれた、カッコからdiedまでの部分をいったんとばして読んでみよう。
すると、Romeo decided to kill himself.「ロミオは自ら命を絶つことに決めた。」という意味になるね。
この文の、主語Romeoと、動詞decidedの間に、 意味のカタマリ が放り込まれているんだ。

lecturer_avatar

カッコの中を考えていこう。
まず②to believeは使えないよ。
不定詞には、カンマとカンマではさんで主語と動詞の間に挿入する使い方はないんだ。

lecturer_avatar

ここでは、 主語と動詞の間に置く、分詞構文 が使われていると考えよう。
believeという動詞の、過去分詞①believedか、現在分詞③believingから選ぶよ。

lecturer_avatar

カッコの後ろは、Juliet had already died「ジュリエットはすでに亡くなっていた」という意味だね。

lecturer_avatar

カッコに過去分詞①believedを入れるとどうなるかな。過去分詞を使った分詞構文は、受身の「信じられた」という意味になるんだ。
そうすると、ここでは前後のつながりがおかしくなってしまうね。
だから、現在分詞③believingを入れよう。

lecturer_avatar

訳はどうなるかな。文脈を考えてつなげていくよ。
メインの文は「ロミオは自ら命を絶つことに決めた」、
分詞のカタマリは「ジュリエットがすでに亡くなった」だね。
前後のつながりを考えて、「 ~ので 」と訳そう。
「ロミオは、ジュリエットがすでに亡くなったと信じていたので、自ら命を絶つことに決めた。」となるね。

答え
分詞14の入試レベルにチャレンジ
lecturer_avatar

後ろに置く分詞構文と、主語・動詞の間に置く分詞構文 を見てみたよ。基本は、 前に置く分詞構文 と同じ。
後ろに置く分詞構文は「~しながら」や「そして~する」 と訳そう。
主語・動詞の間に置く分詞構文は、文脈から 訳を工夫しよう!

うしろに置く分詞構文
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。