高校英語文法
高校英語文法
5分で解ける!「There is 人/モノ+分詞」の表現に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!「There is 人/モノ+分詞」の表現に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

チャレンジ
一緒に解いてみよう

分詞4の入試レベルにチャレンジ アイコンあり

解説
これでわかる!

チャレンジの解説授業

There構文+分詞の文をつくってみよう!

lecturer_avatar

入試レベル問題にチャレンジしてみましょう。

分詞4の入試レベルにチャレンジ アイコンなし

lecturer_avatar

1文目、Tom was late.は「トムは遅刻した。」という意味だね。

lecturer_avatar

2文目の前半、When he got to the partyは「彼がパーティーに到着したとき」だよ。

lecturer_avatar

今回のポイントは、2文目の後半。
there was no food (  ).の部分を見てみよう。

lecturer_avatar

There+be動詞+人/モノ+分詞 」になっているよ。
there wasは <予告> の役割、no foodが <メイン情報> だね。
there was no foodで「食べ物がなかった」だね。

lecturer_avatar

ここで選択肢を見てみよう。
①cookingと③eatingは現在分詞、②leftは過去分詞だね。
どれを選んでも分詞なので、「 There+be動詞+人/モノ+分詞 」の表現の形になりそうだとわかるね。

lecturer_avatar

では、どの分詞を使うのか、選択肢を1つずつ見ていこう。

lecturer_avatar

①現在分詞cookingだと「料理している(食べ物)」、
③現在分詞eatingだと「食べている(食べ物)」、
となり、どちらも意味がおかしくなってしまうね。

lecturer_avatar

だから、②過去分詞left「残された(食べ物)」を選ぼう。
there was no food leftで「残された食べ物はなかった」。
つまり、「残っている食べ物はなかった」という意味だね。

lecturer_avatar

文全体では、「トムは遅刻した。彼がパーティーに着いたとき、残っている食べ物はなかった。」となるよ。

[補足]分詞1語なのに後ろから?no 名詞 leftの表現!

lecturer_avatar

ここで1つ注意。 分詞はカタマリで、後ろから前に意味を足す のが基本だったね。
でも、 分詞1語だけのときは、前から後ろに意味を足す んだったよ。

lecturer_avatar

今回の問題、there was no food left.を見てみよう。
leftは過去分詞1単語だけなのに、後ろからかかっているね。
どうしてかな?

lecturer_avatar

実は、 過去分詞left は、 1語だけのときでも、前でなく後ろに置くことがほとんど なんだ。

lecturer_avatar

例えば、今回のno food left「残っている食べものがない」、
no water left「残っている水がない」、
no time left「残っている時間がない」のように使うよ。

lecturer_avatar

このように、 no 名詞 left で「 残っている名詞がない 」という意味になるよ。
決まった表現として覚えてしまおう。

答え
分詞4の入試レベルにチャレンジ答え入り アイコンなし
lecturer_avatar

There+be動詞+人/モノ+分詞 」の表現を見てきたよ。
この訳は2パターン。
人/モノ+分詞 の部分を、
前から訳しても、後ろから訳しても、どちらでも大丈夫。
日本語の感覚ではつかみづらい表現だけれど、しっかり押さえよう!

「There is 人/モノ+分詞」の表現
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。