高校英語文法
高校英語文法
5分でわかる!「感情を与える」他動詞

9
Movie size

5分でわかる!「感情を与える」他動詞

9

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

「感情を与える」他動詞

分詞23・24のポイント アイコンあり

これでわかる!

ポイントの解説授業

感情を与える他動詞、現在分詞にする?過去分詞にする?

lecturer_avatar

今回のテーマは 「感情を与える」他動詞 についてです。
感情を与える他動詞を使うときは、 現在分詞・過去分詞の使い分け に注意しよう。
日本語の感覚で考えると、少しつかみづらい部分もあるけれど、問題を通して身に着けていこうね。
まずは次の例題を見てみよう。

分詞23の例題(1)(2) アイコンあり

lecturer_avatar

日本文に合う英文になるように、カッコ内の語句を選択しよう。
(1)(2)はどちらも、動詞exciteの現在分詞excitingと、過去分詞excitedが、選択肢になっているね。

lecturer_avatar

(1)の「おもしろい」映画は、excitingとexcitedのどちらを使うのかな。
(2)の少年が「ワクワクしていた」は、excitingとexcitedどちらを使おうか。

lecturer_avatar

今回のポイントで、使い分け方を確認していこう。

分詞23・24のポイント アイコンなし

lecturer_avatar

感情を与える他動詞 は、 現在分詞や過去分詞 にして、形容詞と同じように使うことができるんだ。この使い方をするときのポイントを見ていくよ。

lecturer_avatar

例としてexciteとsurpriseを見ていこう。
どちらも感情を与える他動詞 だね。

lecturer_avatar

まず、exciteについて見てみよう。
exciteは「人を興奮 させる 」という、 感情を与える他動詞 だね。

lecturer_avatar

人 is excited は、直訳すると「人が興奮させられる」。でも、「人が興奮している」というのが普通だよね。
なので 英語では受身形だけど、日本語では「興奮している」と、能動のように訳す よ。
日本語の感覚で考えると違和感があるかもしれないけれど、注意しよう。

lecturer_avatar

逆に、 物 is exciting は、直訳すると「物が興奮させるようだ」となるね。でも日本語では、もっと自然に、「 おもしろい 」と訳そう。

lecturer_avatar

次に、surpriseについて見てみよう。
surpriseは「人を驚か せる 」という、 感情を与える他動詞 だよ。

lecturer_avatar

人 is surprised を直訳すると、「人が驚かされる」だね。でも、能動のように「驚いている」と訳そう。 英語は過去分詞だけど、日本語では受身ではなく、能動のように訳す んだね。

lecturer_avatar

物 is surprising は「物が驚かせるようなものだ」でもいいけれど、「 おどろきだ、びっくりだ、すごい 」と訳されるよ。

lecturer_avatar

感情を与える他動詞 を分詞にして、形容詞のように使うときは、
人に使う時は過去分詞、物に使う時は現在分詞
というルールで使い分けよう。
それじゃあ、問題に戻ってみよう。

excitedとexciting、どう使い分ける?

分詞23・24の例題(1) アイコンなし

lecturer_avatar

(1)「昨夜、テレビでおもしろい映画を見た。」とあるね。
「おもしろい映画」ということは、「おもしろい」が、人ではなく、物にかかっているよね。
物に使うときは、感情の他動詞は現在分詞 にしよう。
an exciting movieとなるね。

(1)の答え
分詞23・24の例題(1) アイコンなし
lecturer_avatar

次に(2)をみてみよう。

分詞23・24の例題(1) アイコンなし

lecturer_avatar

(2)「ボクシングの試合を見て、少年はワクワクしていた。」だね。
「ワクワクした」は、「少年」に使われているよね。
少年は、物ではなく人。
人に使うときは、感情の他動詞は過去分詞 にしよう。
excitedを使うよ。

lecturer_avatar

感情を与える他動詞を使うときには、
人には過去分詞、物には現在分詞
にしよう。
ルールはこれだけ!

(2)の答え
分詞23・24の例題(2) アイコンなし

surprisedとsurprising、どう使い分ける?

lecturer_avatar

続いて(3)(4)を見てみよう。
surprisingとsurprisedの使い分けを考えていこう。
カッコの中の語を、どちらか選んでいくよ。

分詞23・24の例題(3)(4) アイコンなし

lecturer_avatar

(3)「昨年、この町で驚くような事故が起きた。」を考えよう。
「驚くような」は、物である「事故」にかかっているね。
物に使うときは、感情の他動詞は現在分詞 にするよ。
なのでここでは、surprisingを選ぼう。

lecturer_avatar

ちなみにここでの分詞の使い方は、 名詞を修飾 する使い方だね。

(3)の答え
分詞23・24の例題(3) アイコンなし
lecturer_avatar

続いて(4)を見てみよう。

分詞23・24の例題(3) アイコンなし

lecturer_avatar

(4)「彼女は、真実を知って驚いた。」とあるね。
驚いていたのは「彼女」つまり人。
だから、surprisedを使うよ。

lecturer_avatar

(4)は(3)と違って、surprisedがかかっている部分、Sheと離れているね。
でも 重要なことは、人に使っているか、物に使っているかだけ
surprisingは物、surprisedは人に使うよ。

[補足]修飾語として?補語として?どちらの使い方でも、大事なのは「人なのか物なのか」だけ!

lecturer_avatar

ちなみに、 分詞の使い方 には大きく分けると、 ①修飾語としての働き と、 ②補語としての働き があるよ。

lecturer_avatar

①修飾語として使われるときは、分詞が名詞にかかる よ。
例えば、(3)では、surprisingが、直後の名詞accidentにかかって、修飾語の働きをしているんだ。

lecturer_avatar

②補語として使われるときは、「主語が補語だ」という意味を表す よ。
例えば、(4)では、主語She+be動詞was+surprisedで、「彼女が驚いていた」という意味を表すよ。

lecturer_avatar

このように、修飾語と補語どちらの使い方をしていても、
感情を与える他動詞の、使い分け方のポイントは同じ。
大事なのは、意味としてつながりを持つのが、「 人なのか物なのか 」ということだけ!
それが見分けられれば、現在分詞にするか過去分詞にするのか、判断できるよ。

(4)の答え
分詞23・24の例題(4) アイコンなし
lecturer_avatar

感情を与える他動詞 を、現在分詞や過去分詞にして、形容詞として使う時のポイントを見てきたよ。
人に対して使うときは過去分詞、物に対して使うときは過去分詞 を使おう。
日本語の感覚でまどわされず、しっかりとつかんでおこう。

Kimura
この授業の先生

木村 智光 先生

テンポの良い解説で、難しい用語を使わずに、高校英語の要諦をわかりやすく指導します。 定期テストに出やすい英文法の問題パターンを研究し、授業ではそのポイントが随所にちりばめられています。

「感情を与える」他動詞
9
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。