高校英語文法

高校英語文法
5分で解ける!主語が異なる分詞構文に関する問題

7
Movie size

5分で解ける!主語が異なる分詞構文に関する問題

7

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

分詞18の練習(1)(2) アイコンあり

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

この問題を解くポイントは、 「主語が異なる分詞構文」をしっかり押さえること です。
主語が異なる分詞構文 は、 分詞の前に意味上の主語 を置こう。
主語 +分詞 ~ , 主語+動詞 … .という形になるよ。

意味上の主語+分詞を、主語+動詞のように見るのが訳のコツ!

分詞18のポイント アイコンなし

lecturer_avatar

では、さっそく問題を解いていこう。

分詞18の練習(1) アイコンなし

lecturer_avatar

dinnerは「夕食」、wash handsは「手を洗う」だね。
Dinner+現在分詞beingでいきなり文がはじまっているから、 分詞構文 だとわかるね。
Dinner being readyが1つの意味のカタマリで、
後半のメインの文、we went to wash our handsにかかっているんだ。
メインの文は、「私たちは手を洗いに行った。」だね。

lecturer_avatar

メインの文の主語はweだけど、
分詞のカタマリの意味上の主語はDinnerだね。
主語が異なるから、分詞の前に、意味上の主語が置かれている んだね。

lecturer_avatar

前後のつながりを考えて、「夕食の準備ができた ので 」と、理由のように訳すと自然だね。

lecturer_avatar

「私たちが」準備できたのではなく、「夕食が」準備できた。だから、主語が異なる分詞構文になるんだね。

(1)の答え
分詞18の練習(1)
lecturer_avatar

次に(2)を見ましょう。

分詞18の練習(2) アイコンなし

lecturer_avatar

This letter+過去分詞writtenで、いきなり文がはじまっているから、 分詞構文 だとわかるね。
This letter writtenが意味のカタマリで、メインの文Lisa left the roomにかかっているんだ。

lecturer_avatar

メインの文の主語はLisaだけど、
分詞のカタマリの意味上の主語はThis letter。主語が異なるね。
だから分詞の前に、 意味上の主語 が置かれているよ。

lecturer_avatar

主語が異なる分詞構文 なので、 分詞の意味上の主語+分詞を、主語+動詞、のように見て訳してみよう
This letterを主語、writtenを動詞のように見てみるよ。

lecturer_avatar

メインの文は、「リサは部屋を出た」。
分詞のカタマリ の部分は、「この手紙が書かれて」や「この手紙が書かれたあとで」ということだね。

lecturer_avatar

ものが主語のときは、人が主語になるように訳しなおしてあげると、より自然になるよ。
ここでは、「この手紙を書いて」や「この手紙を書いたあとで」と訳すと良いね。

(2)の答え
分詞18の練習(2)
主語が異なる分詞構文
7
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。