高校英語文法

高校英語文法
5分で解ける!「with A 分詞」の表現に関する問題

11
Movie size

5分で解ける!「with A 分詞」の表現に関する問題

11

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

分詞22の練習(1)(2) アイコンあり

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

この問題を解くポイントは、 「with A 分詞」の表現をしっかり押さえること です。
with A 分詞 の形で、「 Aが~の状態で 」という意味だよ。
状態を表すオマケの情報を付け加えることができる表現なんだ。

lecturer_avatar

分詞が現在分詞なら、「Aが~している状態で」、
分詞が過去分詞なら、「Aが~されている状態で」
と訳そう。
「A+分詞」が、「主語+動詞」のような関係になっていると考えると訳しやすいよ。

「with A 分詞」の表現を訳してみよう!

分詞21・22のポイント アイコンなし

lecturer_avatar

では問題を見ていきましょう。

分詞22の練習(1) アイコンなし

lecturer_avatar

(1)は、with his arms crossedに注目。
crossedは、cross「組む」の過去分詞だよ。
この部分は、「 with A 分詞 」の形になっているね。

lecturer_avatar

だから、withから後ろはオマケの情報。
withの前で、いったん区切って考えてみよう。

lecturer_avatar

withの後ろの A+分詞が、意味上は、主語+動詞のような関係 なんだ。
分詞が 過去分詞 になっているから、 受身 のように訳すよ。
すると、with his arms crossedは「彼の腕が組まれた状態で」となるね。

lecturer_avatar

文全体では、「トムは腕を組んだ状態で立っていた。」となるよ。
トムは立っていた+彼の腕は組まれていた状態だった、のように、状態を表すオマケ情報が付け足されているんだね。

(1)の答え
分詞22の練習(1) アイコンなし
lecturer_avatar

次に(2)を見てみよう。

分詞22の練習(2) アイコンなし

lecturer_avatar

withから後ろは、 with A 分詞 、の形になっているね。

lecturer_avatar

withから後ろは、オマケの情報。
意味上は A+分詞が、主語+動詞のような関係 だよ。
with tears running down his cheeksは、現在分詞が使われているので、 能動 で訳してみよう。
tearsは「涙」、cheekは「ほお」という意味だよ。
すると、「涙がほおを流れていた状態で」となるね。

lecturer_avatar

文全体では、「ハヤシさんは涙がほおを流れていた状態で歌っていた。」となるね。
このままでも良いけれど、日本語を柔らかくすると、「ハヤシさんは涙をほおに伝わせながら歌っていた。」となるね。

(2)の答え
分詞22の練習(2) アイコンなし
「with A 分詞」の表現
11
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      分詞

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校英語文法