高校英語文法

高校英語文法
5分で解ける!「It is … for(of) 人 to 動詞」のパターンに関する問題

18

5分で解ける!「It is … for(of) 人 to 動詞」のパターンに関する問題

18
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の問題と解説

チャレンジ

一緒に解いてみよう

不定詞20入試レベルにチャレンジ アイコンあり

解説

これでわかる!
チャレンジの解説授業

不定詞を使った言い換え表現を練習しよう!

lecturer_avatar

入試レベル問題にチャレンジしてみましょう。

不定詞20の入試レベルにチャレンジ アイコンなし

lecturer_avatar

まず、1つ目の英文の意味を見てみよう。
carelessは「不注意な」という意味だね。
Tom was careless「トムは不注意だった」に、不定詞でto make the same mistake「同じ間違いをする」という「理由」をくっつけているよ。
「同じ間違いをするなんて、トムは不注意だった」という意味になるね。

lecturer_avatar

じゃあ、これと同じ意味になるように、2つ目の英文を並べ替えていこう。
~するなんて人は…だ 」のように、 人の性格や性質の判断 とその 理由 は、 It is … of 人 to 動詞 の形で表せるんだったね。

lecturer_avatar

まず、「トムは不注意だった」を表す部分を先につくろう。It was careless of Tomとなるね。
この後ろに、そう判断した理由「同じ間違いをするなんて」を、 不定詞 を使ってくっつけるよ。この部分は、 to make the same mistakeと表せるね。

lecturer_avatar

すると、文全体では、It was careless of Tom to make the same mistake.となるね。
ちなみに、1文目と2文目は同じ意味なのだけれど、2文目のほうが、より、「トムは不注意だ」ということを強調する表現だよ。

答え
不定詞20入試レベルにチャレンジ 答え入り
lecturer_avatar

It is … / for 人 to 動詞「 人が~するのは…だ 」と、It is … of 人 / to 動詞「~するなんて人は…だ」の違いと使い方、よくわかったかな。
それぞれ区切りがどこにあるか、という違いがポイントだよ。しっかりおさえておこう!

オンラインLIVE夏期講習
「It is … for(of) 人 to 動詞」のパターン
18
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

不定詞

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

      高校英語文法