高校英語文法

高校英語文法
5分で解ける!不定詞の使い方4「…して~になる」(結果)に関する問題

5
Movie size

5分で解ける!不定詞の使い方4「…して~になる」(結果)に関する問題

5

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

チャレンジ

一緒に解いてみよう

不定詞10の入試レベルにチャレンジ アイコンあり

解説

これでわかる!
チャレンジの解説授業

目的「~するために」か結果「…して~になる」か?toの使い方を見分けよう!

lecturer_avatar

入試レベル問題にチャレンジしてみましょう。

不定詞10の入試レベルにチャレンジ アイコンなし

lecturer_avatar

まず英文を見てみよう。
カッコの前は、I went to your house「私はあなたの家に行った」だね。
find that~で「~ということがわかる」だから、カッコの後ろは、find that you were out「あなたが外出しているということがわかる」だね。

lecturer_avatar

選択肢を見てみよう。
①in order toは「~するために」。
②so as not toは「~しないために」。
どちらも「目的」を表すtoの強調表現で、②は否定しているよ。

lecturer_avatar

もしカッコに「目的」を表すtoが入るとすると、どうなるかな?
①を入れると、「私は、あなたが外出しているとわかる ために あなたの家に行った」、
②を入れると、「私は、あなたが外出してい ないとわかるために あなたの家に行った」、となるね。
これではどちらも、意味がおかしくなってしまうね。

lecturer_avatar

③only toは、「結果」を表すtoで、「…したが結局~」という表現だったね。
ここでは、③only to「…したが結局~」を入れると自然だね。
「私があなたの家に行ったら、 結局 あなたが外出中だとわかった」という意味になるよ。

lecturer_avatar

only to 動詞の原形で「結局~した」という表現として覚えてしまっても良いね。

答え
不定詞5入試レベルにチャレンジ 答え入り
lecturer_avatar

…して~になる 」という「 結果 」を表す 不定詞 の使い方、よくわかったかな?
この使い方の場合、英文に出てくる順番と、出来事の起こる時間的な順番とが、「toの前→toの後」という順で一致しているよ。
だから訳もそのまま、前から英文をつなげていこう。
今回の授業で学んだ表現は、そのまま覚えてしまうと便利だよ!

不定詞の使い方4「…して~になる」(結果)
5
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      不定詞

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校英語文法