高校英語文法

高校英語文法
5分でわかる!不定詞の使い方4「…して~になる」(結果)

15
Movie size

5分でわかる!不定詞の使い方4「…して~になる」(結果)

15

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

不定詞の使い方④「…して~になる」(結果)

不定詞9・10のポイント アイコンあり

これでわかる!
ポイントの解説授業

「…して~になる」という「結果」の意味のカタマリを足す不定詞!

lecturer_avatar

今回のテーマは 不定詞の使い方④「…して~になる」(結果) という表現についてです。

lecturer_avatar

ここまで、「~するために」、「~すること」、「~するための」という、不定詞の使い方を3つ見てきたね。
今回は、「 …して~になる 」という「 結果 」を表す使い方を見ていくよ。

lecturer_avatar

次の例題を通して考えていこう。

不定詞9の例題(1)(2) アイコンあり

lecturer_avatar

まず(1)の日本文を見ると、「トムは成長した」そして「医師になった」という、2つのカタマリに分けられるね。
下線の前がTom grew up「トムは成長した」だから、「医師になった」というカタマリをtoで足せば良いね。

lecturer_avatar

(2)も同じく、She lived「彼女は生きた」というカタマリがあるから、この後ろに「100歳まで」というカタマリをくっつけよう。

lecturer_avatar

どちらも、前の内容をふまえてどうなったかという「オチ」を表すカタマリを足す問題だね。
こういう場合、「 …して~になる 」という「 結果 」を表す 不定詞 を使うよ。

lecturer_avatar

ここで、今回のポイントを確認しておこう。

不定詞9・10のポイント アイコンなし

lecturer_avatar

不定詞は、 to 動詞の原形 の形をとって、
「カタマリ」で意味を足す ことができるんだったね。

lecturer_avatar

不定詞には、「 …して~になる 」という「 結果 」を表す使い方があるよ。

lecturer_avatar

ちなみにこの使い方は、「 副詞的用法 」の1つなんだ。
前に学んだ「 ~するために 」という「 副詞的用法 」と合わせて押さえよう。

lecturer_avatar

それじゃあ、問題に戻って具体的に見ていこう。

不定詞9の例題(1) アイコンなし

lecturer_avatar

(1)は、「トムは成長した」そして「医師になった」という、2つのカタマリに分けて考えられるね。
下線の前のカタマリ、Tom grew up「トムは成長した」に、「 その結果 、医師になった」という意味のカタマリをくっつけよう。

lecturer_avatar

このように、カタマリをくっつけて「 …して~になる 」という「 結果 」を表したいときは、 不定詞 を使おう。
「医師になる」はbe a doctorもしくはbecome a doctorと表せるから、Tom grew up to be[become] a doctor.となるね。

(1)の答え
不定詞9の例題(1)答え入り アイコンなし
lecturer_avatar

次に、(2)を見てみよう。

不定詞9の例題(2) アイコンなし

lecturer_avatar

(2)「彼女は100歳まで生きた」ということは、「彼女は生きた」と「100歳まで」の2つの意味のカタマリに分けて考えられるね。
She lived「彼女は生きた」に、「 その結果 、100歳になった」というカタマリをくっつけよう。
…して~になる 」という 「結果」を表す不定詞 を使うよ。

lecturer_avatar

to be 100「 その結果 100歳になった」をくっつけて、
She lived to be 100.となるね。

(2)の答え
不定詞9の例題(2)答え入り アイコンなし
lecturer_avatar

続いて、(3)を見てみよう。

不定詞9の例題(3) アイコンなし

lecturer_avatar

「私は目を覚ました」すると「家が火事になっていた」という2つのカタマリに分けて考えよう。
awokeはawake「目が覚める」の過去形だから、I awokeで「私は目を覚ました」だね。

lecturer_avatar

「家が火事になっていた」は、「家が火事になっていることがわかった」と言い換えられるね。
find A B「AがBであるとわかる」、on fire「火事になって」を使って表そう。
「結果」を表す不定詞 を使って、カタマリを付け足そう。

(3)の答え
不定詞9の例題(3)答え入り アイコンなし
lecturer_avatar

続いて、(4)を見てみよう。

不定詞9の例題(4) アイコンなし

lecturer_avatar

「ジャックは一生懸命頑張った」しかし「失敗した」というカタマリに分けて考えられるね。
Jack tried hard「ジャックは一生懸命頑張った」に、 不定詞 を使って「 しかし結局 、失敗した」というカタマリを加えよう。

lecturer_avatar

ここでポイント、「…したが 結局 ~だった」という意味を表すには、「 結果 」を表す toの前にonly を置いて、 … only to ~ という形にするよ。
「失敗する」はfailと表せるから、Jack tried hard only to fail.となるね。

lecturer_avatar

only to fail で「結局ダメだった・失敗した」という、決まり表現として覚えても良いね。

(4)の答え
不定詞9の例題(4)答え入り アイコンなし
Kimura

この授業の先生

木村 智光 先生

テンポの良い解説で、難しい用語を使わずに、高校英語の要諦をわかりやすく指導します。 定期テストに出やすい英文法の問題パターンを研究し、授業ではそのポイントが随所にちりばめられています。

不定詞の使い方4「…して~になる」(結果)
15
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      不定詞

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校英語文法