中学公民
中学公民
5分で解ける!自由権・経済活動の自由に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!自由権・経済活動の自由に関する問題

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学公民10 練習3 カッコ空欄

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

ポイント3で学習した、経済活動の自由について復習しましょう。

経済活動の自由 住むところも職業も選択できる

lecturer_avatar

ポイント3では、 経済活動 の自由について学習しましたね。
3つの内容を紹介しました。

lecturer_avatar

1つ目は、 自分の住みたいところに住む自由 です。
これを 居住・移転の自由 といいましたね。
自分が引っ越したいと思ったときに、住みたい場所に引っ越すことができるということです。

lecturer_avatar

2つ目は 自分が望む職業を選べる自由 です。
これを 職業選択の自由 といいましたね。
日本国憲法では、どんな職業でも選ぶ権利はありますが、専門的な技術が必要な場合は、免許や資格が必要でした。
弁護士や医者 といった職業ですね。

lecturer_avatar

最後は財産権です。
私有(自分の)財産を持ち、自由に使うことができる権利 です。

答え
中学公民10 練習3 答え入り
lecturer_avatar

今回は自由権についての学習でした。
身体の自由、精神の自由、経済活動の自由。
それぞれの内容をおさえておきましょう。

自由権・経済活動の自由
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。