中学公民

中学公民
5分で解ける!生存権と労働基本権に関する問題

9
Movie size

5分で解ける!生存権と労働基本権に関する問題

9

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学公民11 練習2 カッコ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

社会権の中にも、いろいろな種類がありましたね。
学んだ内容を確認していきましょう。

中学公民11 練習2 生存権と教育を受ける権利の項目のみ表示、カッコ空欄

日本国憲法第25条 どんな生活を営む権利だった?

lecturer_avatar

憲法第25条 で保障されている権利はなんでしたか?
この「25」という数自体がヒントになることもあるので、覚えておきましょう。
答えは 生存権 でしたね。
生存権とは、「 健康文化的 な最低限度の生活を営む権利」のことでした。

lecturer_avatar

教育を受ける権利 も、社会権の1つです。
すべての国民は、その能力に応じて等しく教育を受ける権利を持つと定められています。

中学公民11 練習2 勤労の権利と労働基本権の項目のみ表示、カッコ空欄

働くことに関する権利

lecturer_avatar

働く意思と能力のある人には、働く権利が保障されています。
これは 勤労の権利 といいましたね。

lecturer_avatar

労働者には、 労働組合権(団結権)、団体交渉権、団体行動権(争議権) が保障されています。
これらをひとくくりにして、 労働基本権(労働三権) といいましたね。

答え
中学公民11 練習2 答え入り
lecturer_avatar

だれもが人間らしく豊かな生活をする権利を、社会権といいます。
社会権には、生存権や労働基本権が含まれましたね。
それぞれの内容をおさえておきましょう。

生存権と労働基本権
9
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      日本国憲法と人権

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中学公民