中学公民

中学公民
5分で解ける!基本的人権を守るための権利に関する問題

68

5分で解ける!基本的人権を守るための権利に関する問題

68
逆転合格セミナー逆転合格セミナー

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学公民12 練習1 空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

ポイント1と2で学習した、基本的人権を守るための権利についておさらいしましょう。

投票したり、立候補したり・・・政治に参加する権利

lecturer_avatar

国民が政治に参加する権利を何といいましたか?
そう、参政権ですね。
参政権には大きく2種類あるという話をしました。

lecturer_avatar

国民が代表者を選ぶ権利である選挙権と、
代表者を選ぶ選挙に立候補できる権利である被選挙権でしたね。

裁判を受けられるのは「権利」です!

lecturer_avatar

最後に請求権について確認しましょう。
請求権とは、人権が侵された場合、その救済を求める権利でしたね。
代表的な請求権として紹介したのは、裁判を受ける権利(裁判請求権)でしたね。
個人だけではなく、国家を訴えることもできるのです。

答え
中学公民12 練習1 答え入り
逆転合格セミナー
基本的人権を守るための権利
68
友達にシェアしよう!
逆転合格セミナー

この授業のポイント・問題を確認しよう

日本国憲法と人権

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      逆転合格セミナー逆転合格セミナー

      中学公民