中学公民

中学公民
5分で解ける!間接民主制と直接民主制に関する問題

5
Movie size

5分で解ける!間接民主制と直接民主制に関する問題

5

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学公民6 練習3 カッコ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

ポイント3で学習した、国民の政治参加の方法について復習していきましょう。

話し合いで政治を決める2つの方法

lecturer_avatar

代表者を選び、代表者が議会で話し合って政治を決める仕組みを何と言いましたか?
多くの国で主流になっている、 間接民主制 ですね。
選挙 で選ばれた代表者が議会で話し合うことから、 議会制民主主義 とも呼ばれます。
日本では 国会都道府県の議会 などの選挙でこの仕組みが適応されています。

lecturer_avatar

もう1つの仕組みは、国民が直接政治に参加する仕組みでしたね。
これを 直接民主制 といいました。

間接民主制と直接民主制 具体例で確認しよう

中学公民6 練習3 カッコ空欄

lecturer_avatar

間接民主制と直接民主制の仕組みを、具体例を通して比較しましょう。
例えば、法律が制定されるまでにはどのような経緯がありますか?
まず国民が選挙で 国会議員 を選びます。
国会議員が国会で話し合いを行い、法律を制定しますよね。
これが間接民主制です。

lecturer_avatar

直接民主制は、日本においては 憲法改正 の際に用いられる仕組みです。
憲法を改正するかどうかは、最終的に 国民投票 によって判断されるのでしたね。

答え
中学公民6 練習3 答え
lecturer_avatar

選挙で選ばれた代表者が話し合って政治を決めるのが、間接民主制。
国民が直接政治に参加するのが、直接民主制。
どちらも政治を行う仕組みとして重要です。
しっかり覚えておきましょう。

間接民主制と直接民主制
5
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。