中学公民

中学公民
5分で解ける!国民主権と天皇に関する問題

6
Movie size

5分で解ける!国民主権と天皇に関する問題

6

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学公民6 練習2 カッコ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

ポイント2で学習した、天皇の立場や役割の変化について確認していきます。

主権は天皇から国民へ

lecturer_avatar

国の政治を決める権利(主権)が国民にあることを、 国民主権 といいましたね。
もともと主権者だった天皇は、どういう立場に変わりましたか?
そう、日本国および日本国民統合の 象徴 となりました。

天皇の仕事には、内閣の助言と承認が必要

lecturer_avatar

内閣の助言と承認を必要とする、憲法で定められた天皇の仕事を何と言いましたか?
答えは 国事行為 でしたね。
代表的な国事行為は、内閣総理大臣の 任命 と、最高裁判所長官の 任命 でした。

答え
中学公民6 練習2 答え入り
lecturer_avatar

内閣総理大臣の任命といっても、国会が指名した人物を、内閣総理大臣に任命するという 儀礼的な行為 でしたね。
大日本帝国憲法と違い、天皇に権力が与えられているわけではないということをおさえておきましょう。

国民主権と天皇
6
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。