中学公民

中学公民
5分で解ける!子どもの権利条約に関する問題

18

5分で解ける!子どもの権利条約に関する問題

18
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学公民8 練習3 カッコ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

ポイント3で学んだ、子どもの権利を守るための条約について復習しましょう。

1989年、国際連合で子どもの権利条約が採択される

lecturer_avatar

1989年、子どもの権利を守るために、ある条約が採択されました。
そう、子どもの権利条約ですね。
国際連合で採択され、日本は1994年に批准しています。

lecturer_avatar

子どものことを労働力とみなしている国も、世界にはまだ数多く存在しています。
そうした背景を受けて登場した子どもの権利条約は、
18歳未満の子どもも人権を持つことを確認し、子どもの最善の利益を考慮しなければならないという内容でしたね。

答え
中学公民8 練習3 答え入り
lecturer_avatar

基本的人権の内容と種類、子どもの権利条約採択の背景をしっかりおさえましょう。

オンラインLIVE夏期講習
子どもの権利条約
18
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

日本国憲法と人権

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

      中学公民