中学歴史

中学歴史
5分で解ける!江戸時代の身分制度「士農工商」に関する問題

4
Movie size

5分で解ける!江戸時代の身分制度「士農工商」に関する問題

4
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学歴史30 練習3 カッコ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習3は、江戸時代の身分制度についての問題です。
人口の7%しかいない武士は、国を支配するために、ある身分制度を作りました。
漢字四文字で表されるこの身分制度、答えは 士農工商 ですね。

年貢に五人組 武士の生活は農民が支える

lecturer_avatar

4つの身分を順番に見ていきましょう。
「士」の武士には、苗字帯刀など、様々な特権が与えられていました。

lecturer_avatar

今回一番重要なのは、「農」の農民(百姓)についてです。
農民は、税としてお米を納める必要がありました。
その割合を表して「四公六民」や「五公五民」とも言われていたのが 年貢 でした。
そして年貢を確実に取り立てるため、 農民同士の連帯責任制度 が作られたのです。
これを 五人組 といいます。

中学歴史30 練習3 カッコ空欄

本百姓に村方三役 農民の中にも身分を設けた

lecturer_avatar

農民の中でも、自分の土地を持っているのが 本百姓 です。
土地を持っていない農民は 水呑み百姓 といいます。
本百姓の中から選ばれた人間が 「村方三役」 として、領主の指示で村を治めていました。
「村方三役」とは、 名主組頭 、百姓代でしたね。

lecturer_avatar

いちばん身分が低い「工」の工人と「商」の商人の2つを合わせて、何と言いましたか?
そう、 町人 でしたね。

答え
中学歴史30 練習3 答え入り
春キャンペーン2019
江戸時代の身分制度「士農工商」
4
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019