中学歴史
中学歴史
5分でわかる!身分別の人口の割合

5
Movie size

5分でわかる!身分別の人口の割合

5

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

百姓が全体の85% たった7%の武士はどうやって支配する?

中学歴史30 ポイント2 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

江戸時代2のポイント2は、「士農工商」です。
江戸時代の身分について学習していきましょう。
次の図を見てください。

中学歴史30 ポイント2 答え全部

人口の85%は百姓

lecturer_avatar

江戸時代における、身分別の人口の割合が示されています。
一番多いのが百姓(農民)で、人口の85%を占めていますね。
その次に多いのが7%の武士です。

lecturer_avatar

3番目に多いのが5%の町人ですね。
町人には2種類あり、工業の担い手である工人と商業の担い手である商人に分かれていました。
そのほかには、えた・ひにんといった被差別階級の人々や、公家・神官・僧侶がいました。

中学歴史30 ポイント2 答え全部

lecturer_avatar

こうしてみると、当時の日本人はほとんど百姓だったことがわかります。
人数の少ない武士は、どうやって百姓たちを支配していったのでしょうか?

江戸時代の身分は「士農工商」

lecturer_avatar

武家政権である徳川幕府は、**「士農工商」**という身分制度を作りました。
武士>農民(百姓)>工人>商人の順で、武士が一番身分が高く、商人の身分が低いとされたのです。
この順序だと、農民は工人や商人(町人)よりも身分が高いことになります。

lecturer_avatar

実際には、百姓は重い年貢に悩まされ、町人よりも厳しい生活を送っている人がほとんどでした。
一方、町人のなかには税が免除され、贅沢な暮らしをしている商人などもいました。

中学歴史30 ポイント2 答え全部

lecturer_avatar

百姓の下に町人を位置づけ、身分を上げることで、百姓たちの厳しい生活に対する不満をそらす目的があったと考えられています。
江戸時代の身分は、士農工商に分かれていたということを覚えておきましょう。

Matsumoto
この授業の先生

松本 亘正 先生

歴史や地理を暗記科目ととらえず、感動と発見がふんだんに盛り込まれたストーリーで展開して魅了。 ときにクスリと笑わせる軽妙な語り口にも定評があり、「勉強ってこんなに楽しかったの!?」と心動かされる子供たちが多数。

身分別の人口の割合
5
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      江戸時代

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中学歴史