高校生物

高校生物
5分で解ける!密度効果に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!密度効果に関する問題

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物 個体群2 練習 すべて空ける

解説

これでわかる!
練習の解説授業

密度効果についておさえよう

高校 生物 個体群2 練習 練習(1)
lecturer_avatar

ある環境で個体群が時間を追って個体数を増やしていくと、個体群の中で環境抵抗が生じます。
すると、個体群全体に、出生率の低下、死亡率の増加、成長の遅延などの影響が生じます。
これらの影響を密度効果といいました。

lecturer_avatar

密度効果のうち、特に生物一個体の形態などが変化する現象は相変異と呼ばれます。

高校 生物 個体群2 練習 練習(2)
lecturer_avatar

高密度で相変異が生じた茶色の個体を群生相といいました。
群生相のまわりにはたくさんの個体がいます。
そこで問題になるのは、エサの確保です。

lecturer_avatar

群生相は、なるべく遠くへ移動してエサを確保する必要があります。
そのため、翅は長くなることが特徴です。

lecturer_avatar

次に、群生相は長距離を移動するため、からだをなるべく軽くする必要があります。
そのため、後肢は小さくなることが特徴です。

lecturer_avatar

さらに、群生相が長距離を移動するためにはかなりのエネルギーが必要です。
そのようなエネルギーの源となるのは脂肪です。
そのため、脂肪含有量は多くなることが特徴です。

lecturer_avatar

群生相のバッタの特徴をおさえましょう。

高校 生物 個体群2 練習 練習(3)
lecturer_avatar

高密度で育った個体は、他の個体との距離が近くなります。
そのため、他の個体と地中に根を張るスペースや日光などを争うようになります。
よって、高密度で育った個体は、植物体は小さくなり、実の量も少なくなることが特徴です。

高校 生物 個体群2 練習 練習(4)
lecturer_avatar

個体群密度が異なると、一個体あたりの実りは異なります。
しかし、同じ面積あたりで比較すると、低密度の土地でも、高密度の土地でも、ほぼ同じ量の収穫を得ることができるのです。
これを最終収量一定の法則といいます。

lecturer_avatar

低密度の土地では、多くの実をつけた大きな個体が育っています。
一方、高密度の土地では、少ない実をつけた小さな個体が多数育っています。
そのため、単位面積あたりの最終収量は一定になるのですね。

高校 生物 個体群2 練習 すべてうめる
密度効果
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      個体群の問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      個体群

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          個体群と生物群集

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校生物