高校生物

高校生物
5分で解ける!縄張りに関する問題

3

5分で解ける!縄張りに関する問題

3
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物 個体群6 練習 すべて空ける

解説

これでわかる!
練習の解説授業

縄張りの形成ついておさえよう

高校 生物 個体群6 練習 練習(1)
lecturer_avatar

縄張りとは、食料などの確保を目的とした空間です。
一個体ごとに縄張りを決めておけば、その生物種どうしの無用な争いがなくなります。
すると、その領域全体の群れをなるべく大きくすることができるのです。

lecturer_avatar

食料の確保を目的とした縄張りは、採餌縄張りと呼ばれました。
採餌縄張りを形成する生物としては、アユがあげられます。

高校 生物 個体群6 練習 練習(2)
lecturer_avatar

生殖の場所の確保を目的とした縄張りは、繁殖縄張りと呼ばれます。
繁殖縄張りを形成する生物としては、イトヨや鳥類があげられます。

lecturer_avatar

採餌縄張りと繁殖縄張りという2種類の縄張りと、それらを形成する生物例についておさえましょう。

高校 生物 個体群6 練習 練習(3)
高校 生物 個体群6 練習 グラフ
lecturer_avatar

このグラフは、利益・不利益の大きさと縄張りの大きさの関係を表したグラフです。
縄張りは、利益が不利益を上回るときに形成されることが特徴でした。
また、縄張りの最適な大きさは、利益が最大になるようなものです。

lecturer_avatar

利益が不利益を上回り、かつ利益と不利益の差が最も大きくなっている縄張りの大きさはcです。

lecturer_avatar

縄張りの形成についておさえましょう。

高校 生物 個体群6 練習 すべてうめる
オンラインLIVE夏期講習
縄張り
3
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

個体群の問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

個体群

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      個体群と生物群集

      オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

      高校生物