高校生物

高校生物
5分でわかる!生態的地位

14

5分でわかる!生態的地位

14
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の要点まとめ

ポイント

生態的地位

高校 生物 個体群8 ポイント1 すべてうめる

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回は、個体群間の相互作用について見ていきましょう。

ニッチ:生物種が生態系内で占める位置

lecturer_avatar

生物は、他との争いに勝てるように、なるべく群れを大きくしようとします
そのため、群れごとに順位制、リーダー制、縄張り制などのしくみが取られました。

lecturer_avatar

生物の集団が大きくなると、別の集団と対峙することがあります。
このように、2つの生物種が生態系の中で対峙したときに、そこに生まれる関係性相互作用といいます。

lecturer_avatar

相互作用は、2つの生物種が対峙すると必ず生じるわけではありません
そこには、それぞれの生物種の生態的地位というものが関係してきます。

lecturer_avatar

生態的地位とは、生物種が生態系の中で占める位置のことです。
生態的地位は、ニッチとも呼ばれます。
生態系の中で占める位置とは、具体的には食物や生息場所のことです。

lecturer_avatar

2つの生物種の食べる食物や生息する場所が全く被らなければ、相互作用は生じません
しかし、食べる食物や生息する場所が一致した場合は、お互いの種の存続をかけて相互作用が生じます
具体的には、争いが起こったり、さまざまな工夫が生じたりするのです。

lecturer_avatar

次の写真を見てください。これはワシとフクロウです。

高校 生物 個体群8 ポイント1 写真2枚
lecturer_avatar

ワシとフクロウは同じ鳥類なので、食べるものはかなり似ています。
しかし、ワシは昼行性でフクロウは夜行性です。
それぞれの生物種は活動時間が違うので、ニッチはあまり一致せず、相互作用はほとんど生じないのですね。

lecturer_avatar

次で、さまざまな相互作用に注目します。

高校 生物 個体群8 ポイント1 すべてうめる

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

オンラインLIVE夏期講習
生態的地位
14
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

個体群

オンラインLIVE夏期講習

個体群と生物群集

オンラインLIVE夏期講習

高校生物