高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!昭和戦後6 占領下の日本6(第3問)に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!昭和戦後6 占領下の日本6(第3問)に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
占領下の日本の確認テスト【正誤問題】

現代06 問題3 カッコ空欄

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

問題3、正誤問題に挑戦してみましょう。

lecturer_avatar

①は正しいです。
こうした政策により、小作地は大幅に減少したのでしたね。

lecturer_avatar

②は誤りです。
もともと、農地改革はGHQの五大改革指令から始まったものです。
さらにGHQは、第一次農地改革が不十分だとして勧告したわけで、「消極的だった」とは考えらえませんね。

lecturer_avatar

③は誤りです。
実際には、小作地率は13%程度まで低下します。

lecturer_avatar

④は誤りです。
重要産業統制法は、1931年に浜口雄幸内閣によって出された政策です。

問題3の答え
現代06 問題3 答え入り
lecturer_avatar

歴史というよりは、現代社会とか経済の色合いが濃い部分ですね。
農地改革や財閥解体など、しっかりチェックしておいてください。

昭和戦後6 占領下の日本6(第3問)
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      メール受信に関するお問い合わせが増えております。メールが届かない場合は
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      現代

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          メール受信に関するお問い合わせが増えております。メールが届かない場合は
          こちらをご覧ください。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              メール受信に関するお問い合わせが増えております。メールが届かない場合は
              こちらをご覧ください。

              高校日本史B