高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!昭和戦後9 占領下の日本9(第2問)に関する問題

4

5分で解ける!昭和戦後9 占領下の日本9(第2問)に関する問題

4
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
占領下の日本の確認テスト【一問一答】

現代09 問題2 カッコ空欄

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

問題2、一問一答問題を通して理解を深めていきましょう。

問題2(1)

現代09 問題2(1) カッコ空欄

lecturer_avatar

ソ連、チェコスロバキア、中華人民共和国、ポーランドのうち、サンフランシスコ講和会議に参加しながらも条約に調印しなかった国として誤っているものは、中華人民共和国です。
中華人民共和国は、そもそも会議に招かれませんでした。

lecturer_avatar

平和条約調印と同日にアメリカと結ばれた条約は日米安全保障条約です。

lecturer_avatar

アメリカ駐留軍施設の無償提供などが定められた、日米安全保障条約の細目協定は日米行政協定です。

問題2(1)の答え
現代09 問題2(1) 答え入り

問題2(2)

現代09 問題2(2) カッコ空欄

lecturer_avatar

1949年にアメリカの財政学者らのチームが出した、税制改革に関する勧告はシャウプ勧告です。

lecturer_avatar

1950年に始められた、共産主義者の追放をレッドパージといいます。

lecturer_avatar

1954年に新設された、自衛隊を統括する機関は防衛庁です。

問題2(2)の答え
現代09 問題2(2) 答え入り
オンラインLIVE夏期講習
昭和戦後9 占領下の日本9(第2問)
4
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

現代

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

      高校日本史B