高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!昭和戦後12 成長の時代3(第1問)に関する問題

6

5分で解ける!昭和戦後12 成長の時代3(第1問)に関する問題

6
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
成長の時代の確認テスト【穴埋め問題】

現代12 問題1 カッコ空欄

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

まずは問題1、穴埋め問題を解いてみましょう。

問題1(1)

現代12 問題1(1) カッコ空欄

lecturer_avatar

1955年、革新派の日本社会党が左右両派の統一を果たしたのに対し、保守陣営でも保守合同により自由民主党が結成されました。これにより、保守一党優位の政治体制である55年体制が確立し、以後40年近く続きました。

問題1(1)の答え
現代12 問題1(1) 答え入り

問題1(2)

現代12 問題1(2) カッコ空欄

lecturer_avatar

1956年に日ソ共同宣言が調印されてソ連との国交が正常化したため、同年日本は国際連合への加盟を果たしました。

問題1(2)の答え
現代12 問題1(2) 答え入り

問題1(3)

現代12 問題1(3) カッコ空欄

lecturer_avatar

朝鮮戦争の影響によるアメリカ軍からの受注などで特需景気が発生し、工業生産などが戦前の水準を回復しました。この後日本は高度経済成長の時代に突入し、1968年、佐藤栄作内閣のときのいざなぎ景気のさなかには、資本主義諸国の中でGNPが世界第2位となりました。

問題1(3)の答え
現代12 問題1(3) 答え入り
難関大合格パーソナルプログラム
昭和戦後12 成長の時代3(第1問)
6
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

現代

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      高校日本史B