高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!昭和戦後12 成長の時代3(第3問)に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!昭和戦後12 成長の時代3(第3問)に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
成長の時代の確認テスト【正誤問題】

現代12 問題3 カッコ空欄

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

問題3、正誤問題に挑戦してみましょう。

lecturer_avatar

①は正しいです。
例えば、自国の都合で円安にし、輸出を増やすといったことはできなくなりました。

lecturer_avatar

②は正しいです。
西ドイツを抜き、アメリカに次ぐ2位となりました。

lecturer_avatar

③は正しいです。
このようにして、日本経済は開放経済体制へと歩んでいきました。

lecturer_avatar

④は誤りです。
日中の国交正常化は1972年の日中共同声明で行われます。
LT貿易では「政経分離」の方針のもと、国交がなくとも経済的な交流を行う事が合意されたのでした。

問題3の答え
現代12 問題3 答え入り
lecturer_avatar

池田勇人内閣がひとつのポイントになります。
池田といったら経済、というくらい、経済の話が中心となるところですね。しっかり整理しておきましょう。

昭和戦後12 成長の時代3(第3問)
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      現代

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校日本史B