高校日本史B

高校日本史B
5分で解ける!昭和戦後9 占領下の日本9(第3問)に関する問題

3

5分で解ける!昭和戦後9 占領下の日本9(第3問)に関する問題

3
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
占領下の日本の確認テスト【正誤問題】

現代09 問題3 カッコ空欄

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

問題3、正誤問題に挑戦してみましょう。

lecturer_avatar

①は誤りです。
今後の講義で扱いますが、小笠原諸島が返還されるのは1968年のことです。

lecturer_avatar

②は誤りです。
警察予備隊がつくられたのは1950年で、そのきっかけとなったのは朝鮮戦争でした。

lecturer_avatar

③は正しいです。
日米安全保障条約により、米軍は引き続き日本に駐留することが定められました。

lecturer_avatar

④は誤りです。
ソ連やチェコスロバキア、ポーランドは、会議に参加したものの条約に調印しませんでした。
一方で、ユーゴスラビアやインド、ビルマは参加しておらず、中華人民共和国や中華民国はそもそも招待されませんでした。

問題3の答え
現代09 問題3 答え入り
lecturer_avatar

主に第2次吉田茂内閣から第5次吉田茂内閣までを見てきました。
ポイントはやはり、朝鮮戦争サンフランシスコ平和条約ですね。
条約が朝鮮戦争中に調印された事や、それらの関わり合いを整理しておくようにしましょう。

難関大合格パーソナルプログラム
昭和戦後9 占領下の日本9(第3問)
3
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

現代

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      高校日本史B