高校世界史B
高校世界史B
5分で解ける!ビスマルク体制に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!ビスマルク体制に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

下のカッコ内に入る語句を答えよう

高校世界史 19世紀の欧米諸国(1)英・仏・伊・独7 練習 括弧空欄

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

今回はビスマルク体制についての学習でした。
それでは、内容を確認していきましょう。

当時のヨーロッパは一触即発!?

lecturer_avatar

ポイント1では、当時のヨーロッパにおける 3つの対立 を紹介しました。

lecturer_avatar

1つ目は ロシアとオーストリアの対立 です。両国は バルカン半島 進出をねらって対立していました。

lecturer_avatar

2つ目は イタリアとオーストリアの対立 です。イタリア人が多く住んでいるにも関わらず、オーストリアが領土としている「 未回収のイタリア 」をめぐる対立でした。

lecturer_avatar

3つ目は ドイツとフランスの対立 です。普仏戦争以降、2国間の関係は悪化していました。ビスマルクはこれら3つの対立関係を利用して、同盟関係を構築していくことになります。

目指すはフランスの孤立!

lecturer_avatar

ポイント2では、フランスの孤立を目指すビスマルクの外交に注目しました。
まず、ビスマルクは オーストリア・ロシア間 の対立の調停を買って出ました。こうして生まれたのが 三帝同盟 です。ビスマルクは ドイツ・オーストリア・ロシア 間の友好関係を築こうとしました。

lecturer_avatar

次にビスマルクは オーストリア・イタリア間 の対立の調停を買って出ました。ここで生まれたのが 三国同盟 です。 ドイツ・オーストリア・イタリア 間の友好関係を築こうとしました。

lecturer_avatar

三帝同盟は、途中でロシアが離脱したことで一度効力を失ったものの、その後 新三帝同盟 として復活しました。ビスマルクは三国同盟と新三帝同盟を持ってドイツの安全を確保しようとしましたが、1887年に 新三帝同盟は崩壊してしまいました。

lecturer_avatar

新三帝同盟が崩壊したことで、ドイツとロシアの同盟関係は崩れてしまいました。もしロシアがフランスと手を結ぶようなことがあれば、ドイツは2国に挟み撃ちにされてしまいます。そこで、ビスマルクはロシアと 再保障条約 を締結しました。

lecturer_avatar

再保障条約とは、ドイツ・ロシアのいずれかが戦争に突入した際に お互い中立を守る という 秘密条約 でした。こうしてドイツはロシアとの関係をつなぎとめたのです。

lecturer_avatar

ビスマルク体制の中で、 イギリス とドイツの同盟は結ばれませんでした。ただ、19世紀後半のイギリスは「 光栄ある孤立 」状態だったため、イギリスがフランスと手を結ぶのは考えにくい状態でした。

lecturer_avatar

こうしてビスマルクはフランスを孤立化させることに成功しました。これが「ビスマルク体制」なのです。

答え
高校世界史 19世紀の欧米諸国(1)英・仏・伊・独7 練習 答え入り
ビスマルク体制
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      19世紀の欧米諸国(1) 英・仏・伊・独

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B