高校世界史B
高校世界史B
5分でわかる!当時のヨーロッパは一触即発!?

11
Movie size

5分でわかる!当時のヨーロッパは一触即発!?

11

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

当時のヨーロッパは一触即発!?

高校世界史 19世紀欧米諸国(1)7 ポイント1 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

19世紀の欧米諸国(1)、第7回。
今回は、「ビスマルク体制」について学習します。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は、「ヨーロッパ各国の対立」です。
前回の授業では ビスマルクの国内政策 を勉強しました。今回は彼の 対外政策 に注目します。彼がどのような外交を展開したのか、まずは当時のヨーロッパ情勢を確認しましょう。

当時のヨーロッパは対立だらけ!

lecturer_avatar

当時のヨーロッパには、大きく3つの対立関係がありました。

lecturer_avatar

1つ目は ドイツとフランスの対立 です。 プロイセン=フランス戦争 に敗北したフランスは、多額の賠償金支払いに加えて領土の割譲も行いました。当時のフランスはドイツへのリベンジに燃えていたのです。

lecturer_avatar

2つ目は オーストリアとロシアの対立 です。両国は バルカン半島への進出 をめぐって対立を深めていました。

lecturer_avatar

3つ目は イタリアとオーストリアの対立 です。こちらは「 未回収のイタリア 」問題をめぐって対立していました。「未回収のイタリア」とは、トリエステや南チロルなど イタリア人が多く住んでいるにも関わらず、依然イタリア領になっていない地域 のことでしたね。

高校世界史 19世紀欧米諸国(1)7 ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

このように、当時のヨーロッパはさまざまな国が対立する非常に不安定な状況だったということをおさえましょう。

lecturer_avatar

次回はこういった情勢のなか、ビスマルクがどんな外交を展開していくのかを見ていきます。

Shinzato
この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

当時のヨーロッパは一触即発!?
11
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      19世紀の欧米諸国(1) 英・仏・伊・独

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B