高校世界史B
高校世界史B
5分でわかる!ドイツ統一の難しさとは?

23
Movie size

5分でわかる!ドイツ統一の難しさとは?

23

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

ドイツ統一の難しさとは?

高校世界史 19世紀欧米諸国(1)5 ポイント1 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

19世紀の欧米諸国(1)、第5回。
今回は、「ドイツの統一」について学習します。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は、「ドイツにおける宗教対立」です。
前回の授業では イタリア統一 について勉強しました。今回は ドイツ です。

lecturer_avatar

ドイツでも統一運動が発生するのですが、統一にあたって「ある問題」を抱えていました。いったいどんな問題だったのでしょうか?

プロイセンと北ドイツは「プロテスタント」

lecturer_avatar

現在「ドイツ」といえば1つの国を指します。しかし、かつては「ドイツ」と呼ばれる地域に 複数の国や地域が存在していました。 その中で、ドイツ統一の中心になったのは プロイセン王国 でした。こちらを見てください。

ポイント1の地図のみ

lecturer_avatar

地図にあるように、プロイセン王国の領土は飛び地になっていました。そして、間に挟まれる地域には 小さな国がたくさん存在していました。 その地域をまとめて 北ドイツ と呼びます。

lecturer_avatar

プロイセン王国と北ドイツの国々は、キリスト教の中でも プロテスタント の国でした。プロテスタントとは、カトリックに対する 宗教改革 の動きの中で登場した宗派です。

西南ドイツは「カトリック」

lecturer_avatar

それに対し、 西南ドイツ 地域では カトリック が中心でした。宗派の違いから、西南ドイツと北ドイツ・プロイセン王国は仲が悪かったのです。

lecturer_avatar

そこで、西南ドイツは オーストリア によるドイツ統一を望みました。オーストリアは当時 カトリック の国だったのです。プロイセンにとって、ドイツ統一にはオーストリアとの戦いは避けて通れません。

lecturer_avatar

さらに、西南ドイツの西隣にある フランス もカトリック国家です。もしプロイセンがオーストリアと戦争を始めれば、フランスは同じカトリック国家であるオーストリアを支援し、フランスとも戦うはめになるかもしれません。

高校世界史 19世紀欧米諸国(1)5 ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

次のポイントでは、プロイセン王国が中心となってドイツ統一を進めていきます。ただ、統一への道のりには キリスト教の宗派問題 が大きく立ちはだかることになりました。

lecturer_avatar

プロイセンと北ドイツはプロテスタント、西南ドイツやフランス・オーストリアはカトリック。この違いをしっかり覚えておきましょう。

Shinzato
この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

ドイツ統一の難しさとは?
23
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      19世紀の欧米諸国(1) 英・仏・伊・独

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B