高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!ドイツは「鉄」と「血」で統一する!?

11
Movie size

5分でわかる!ドイツは「鉄」と「血」で統一する!?

11

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

ドイツは「鉄」と「血」で統一する!?

高校世界史 19世紀欧米諸国(1)5 ポイント2 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

ポイントの2つ目は、「ドイツ統一」です。
ポイント1で説明したように、ドイツ統一の中心となったのはプロイセン王国でした。また、プロイセン王国はプロテスタント国家でしたね。今回はプロイセン王国がドイツを統一していく様子に注目します。

ビスマルクの「鉄血政策」

lecturer_avatar

1861年、プロイセン国王にヴィルヘルム1世が即位します。彼は、プロイセンの首相にビスマルクという人物を任命しました。

lecturer_avatar

首相に就任したビスマルクは、とある会議で次のような演説を行いました。ドイツの統一は、演説や多数決などではなく、「鉄」と「血」によって達成されるのだ、と。

lecturer_avatar

「鉄」とは武器のこと、「血」とは兵士が流す血のことを指します。つまり、彼は武力によってドイツを統一することを宣言したのです。その演説から、彼の政策は「鉄血政策」と呼ばれました。

「プロイセン王国の統一」見出し+テキスト3行+ビスマルクのイラスト

lecturer_avatar

「鉄血政策」にのっとり、ビスマルクはこの後3つの戦争を行いました。順番に見ていきましょう。

プロイセンが戦った3つの戦争

lecturer_avatar

1つ目の戦争が、1864年に始まったデンマーク戦争です。ドイツ人が多く暮らすシュレスヴィヒホルシュタインをデンマークが支配していたため、両地域をドイツ人の手に取り戻すべくオーストリアを誘って共同出兵を行いました。

image02の続き3行、地図不要/デンマーク戦争~誘って共同出兵

lecturer_avatar

デンマーク戦争はプロイセン・オーストリアの勝利に終わり、シュレスヴィヒはプロイセンに、ホルシュタインはオーストリアに割譲されました。しかし、この後両地域の処分をめぐってプロイセンとオーストリアは対立しました。

lecturer_avatar

さらにビスマルクがオーストリア皇帝を挑発したこともあって、ついに両国はプロイセン=オーストリア戦争を開始しました。この戦争はプロイセンの圧勝に終わり、プロイセンを盟主とする北ドイツ連邦が成立することになりました。

image03の続き3行/プロイセン=オーストリア戦争~〔盟主〕プロイセン

lecturer_avatar

プロイセンや北ドイツ諸国は北ドイツ連邦に加わりましたが、西南ドイツ諸国は加わりませんでした。そう、西南ドイツ諸国はカトリックの国なのです。西南ドイツはプロテスタント国家であるプロイセンに反発し、フランスに接触しようとしていました。

ポイント2の地図のみ

lecturer_avatar

一方、プロイセンに敗れたオーストリアは国家体制の再建をせまられました。複数の民族が暮らす多民族国家であるオーストリアは、長年問題になっていたハンガリーの分離・独立要求に応え、自治権を付与したのです。ハンガリーに自治を認めたのには、領内のスラヴ人の反抗をおさえこむという目的がありました。

lecturer_avatar

ただし、ハンガリーに完全な独立を認めたわけではありません。自治を与える代わりにハンガリー国王はオーストリア皇帝が兼任することを約束させたのです。こうして、プロイセンに敗れたオーストリアはオーストリア=ハンガリー(二重)帝国となりました。

image04の続き2行/オーストリア~自治を付与

フランスを破り、ついにドイツ統一を達成!

lecturer_avatar

さて、プロイセンのドイツ統一まであと一歩です。最後の敵はもちろんフランスでした。フランスとの戦争にあたり、ビスマルクはスペイン王位継承問題を利用しました。

lecturer_avatar

1868年、自由主義者らが革命を起こしたことで、スペイン国王は亡命し、それに伴う後継問題が発生しました。この問題をめぐって、フランス大使がプロイセン王に面会を求め、プロイセンが再びスペイン王位継承に干渉しない約束を取り付けようとした事件があったのです。

lecturer_avatar

これを知ったビスマルクは、会談の内容を編集しフランスによる不当な要求を、プロイセン王が毅然とはねのけたという内容で、新聞を通じて公表しました。

lecturer_avatar

これを受けてプロイセン、フランス双方の世論は色めき立ち、両者の間で緊張が高まりました。そしてついにナポレオン3世はプロイセンに宣戦布告し、プロイセン=フランス戦争が始まったのです。

image06の続き5行/スペイン王位継承~最後まで

lecturer_avatar

プロイセン=フランス戦争は、ナポレオン3世がスダンの地で捕縛されるなど、プロイセンが勝利を収めました。そして頼みのフランスが敗れたことで、カトリックが多い西南ドイツもプロイセンによる統一を受け入れました。こうして、1871年にドイツ帝国が成立し、プロイセンによるドイツ統一が達成されました。

lecturer_avatar

ビスマルクの「鉄血政策」のもと、プロイセンは徹底した武力行使によってドイツ統一を成し遂げたのです。この授業の内容をしっかり覚えておきましょう。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

ドイツは「鉄」と「血」で統一する!?
11
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      19世紀の欧米諸国(1) 英・仏・伊・独

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校世界史B