高校世界史B
高校世界史B
5分でわかる!イタリア統一の難しさとは?

12
Movie size

5分でわかる!イタリア統一の難しさとは?

12

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

イタリア統一の難しさとは?

高校世界史 19世紀欧米諸国(1)4 ポイント1 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

19世紀の欧米諸国(1)、第4回。
今回は、「イタリアの統一」について学習します。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は、「イタリア統一を阻む要因」です。
ここまでの授業では イギリスフランス の順に勉強してきました。次は イタリア です。19世紀のイタリアが統一国家の形成に向かって歩んでいく様子を見ていきます。

多数の国が分立状態!

lecturer_avatar

現在「イタリア」といえば地中海に面する一つの国を指します。しかし、もともとは 「イタリア」と呼ばれる地域にたくさんの国が分立している状態 だったのです。こちらを見てください。

高校世界史 19世紀欧米諸国(1)4 ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

Aの地域は サルデーニャ王国 といいます。サルデーニャ王国は イタリア統一運動の中心になりました。

lecturer_avatar

北イタリア一帯のB、C、Dの地域はそれぞれ ロンバルディアヴェネツィア南チロル といいます。これらの地域にはイタリア人が多く住んでいたのですが、いずれも オーストリア領 でした。

lecturer_avatar

Eの地域は小さな国が多数存在しており、まとめて 中部イタリア と呼びます。また、Fの地域はローマ教皇が所有する 教皇領 です。この2つには フランス軍 が駐屯していました。

lecturer_avatar

最後にGの地域、南イタリアとシチリア島には 両シチリア王国 という国が存在していました。

高校世界史 19世紀欧米諸国(1)4 ポイント1 答え全部

イタリア統一の壁|3つの敵とサヴォイア・ニース

lecturer_avatar

次のポイントでは サルデーニャ王国 がイタリア統一に乗り出しますが、その前には 3つの敵 が立ちはだかりました。北イタリアを支配する オーストリア と、中部イタリアや教皇領に兵を置く フランス 、そして 両シチリア王国 。統一を成し遂げるためには、これら3つの国への対処が必要でした。

lecturer_avatar

加えてもう1つ問題がありました。地図中①は サヴォイア 、②は ニース という地域で、どちらもサルデーニャ王国領なのですが、これらの地域には フランス人が多く住んでいたのです。

lecturer_avatar

次のポイントでは、こうした問題を乗り越えながら、サルデーニャ王国がイタリアを統一していく動きを紹介します。

Shinzato
この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

イタリア統一の難しさとは?
12
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      19世紀の欧米諸国(1) 英・仏・伊・独

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B